米津玄師のロッキンライブの模様をファンの声と共にご紹介!

2009年から本格的な音楽活動を始め2013年にソロデビューを果たした、シンガソングライターの米津玄師(よねづ けんし)。ボカロP名義の「ハチ」としても親しまれていますね。

シンガソングライターの他にイラストレーターやビデオグラファーなど実にアーティスティックで多彩な面を持つ彼は、幻想的で浮遊感を漂わせる中毒性の高いメロディに、美しく独特なフレーズの「米津語録」をのせた唯一無二の音楽を創り出します。

そんな米津玄師が日本最大級の野外フェス「ロッキンジャパン2015」の2日目、8/2(日)に初フェスにもかかわらずトリを務めました。これだけでも注目度の高さが伺えますよね。

今回は米津玄師のロッキンライブの模様をファンの声と共にご紹介したいと思います!

米津玄師のロッキンライブのセトリをチェック!

まずはロッキン2日目、8/2(日)の米津玄師のセトリをチェックしましょう!

  • 1. ゴーゴー幽霊船
  • 2. 駄菓子屋商売
  • 3. メランコリーキッチン
  • MC
  • 4. パンダヒーロー(cover)
  • 5. ドーナツホール(cover)
  • 6. マトリョシカ(cover)
  • 7. アイネクライネ
  • 8. UNBELIEVERS(新曲)

この日のセトリは以上となっております。

初フェスとあってかなり気合の入った攻めのセトリとなっております。

最後の新曲「UNBELIEVERS」や「駄菓子屋商売」に加えボカロ曲のセルフカバー曲も披露してくれたとあって、ファンの皆様からは「セトリやばい」や「セトリ凄すぎる」など絶賛の声が挙がっていました。

米津玄師のロッキンライブの模様をお届け!

それでは米津玄師が8/2(日)の「ロッキンジャパン2015」のトリを飾ったライブの模様をご紹介させていただきます。

ロッキンの米津さんが神々しすぎた

ロッキンのステージ写真を見ても、その「神々しさ」が伝わってきますよね。何か神聖なものに包まれているような雰囲気が漂っています。米津さんのイケメンぶりにも驚かされますね。

ロッキンで見て男なのに惚れそう

女性はもちろん同性をも魅了してしまう米津さんの声の魅力の強さを感じさせます。気が付いた時には米津ワールドに引き込まれているという、不思議な力が彼のボーカルにはありますよね。初めて米津さんを見て聴いた方達をも虜にしたようです。

セルフカバーがカッコよかった!

今回ロッキンで「ハチ名義」の楽曲をセルフカバーしてくれたことには、ファンの皆様も驚きの声を挙げていました。また米津玄師名義とは違った魅力がありますが、どちらも彼の唯一無二な音楽になっている所に脱帽させられます。

ロッキンでも鼻ピアスを付けていた!

新しいアーティスト写真で米津さんをよく見ると「鼻ピアス」をつけているとファンの間で驚きの声が広がっていましたが、ロッキンのステージでもよく見ると鼻にピアスをつけてくれていました。鼻の右サイドですね。

最高だった米津玄師のステージ

とにかく米津さんのステージが「最高だった」との声が非常に多かったです。初めて生で米津さんを見た方からも絶賛の嵐でした。初フェスにもかかわらず凄まじい大物感を漂わせていたということもありますし、会場もこれ以上ないくらいの超満員でした。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。