HYの泣ける曲TOP5を勝手にランキングしてみた!

モンゴル800、175R、ガガガSPらと同時期にデビューし、2000年代初頭の「インディーズブーム」をけん引したHY

ブームが終わってもなお、シングル盤をリリースしないという姿勢を貫き続け、アルバムの完成度の高さ、そして楽曲の良さを武器に根強い人気を保ち続けていますね。

HYと言えばやはり「泣ける曲」という方も多いでしょう。カラオケで歌ってみて、グループみんなで泣いてしまった、なんて方も多いのでは?

今回はそんなHYの「泣ける曲」を、有名どころからマイナーなものまで、5曲厳選して紹介しようと思います。

【HYの泣ける曲TOP5】第5位はHYファンに愛されるあの名曲!

HY LOVERS BESTをAmazonでチェック!

▶︎HY LOVERS BESTをAmazonでチェック!

泣ける曲ランキング第5位は、2004年にリリースされたアルバム「TRUNK」のリードトラック「てがみ」です。

動画はこちら

同じく「TRUNK」に収録されている「Song for……」の方が一般的な知名度は高いかと思いますが、ファンの間ではこの「てがみ」も甲乙つけがたいほどの人気曲となっていますね。

切ない歌詞でありながら、軽快なバンドサウンドで爽やかな雰囲気の楽曲になっており、湿っぽくないのが人気の秘密ですね。聴いていると少しずつ前を向いて進んでゆける気分になれる名曲です。

【HYの泣ける曲TOP5】第4位はルーツである沖縄にまつわる楽曲!

第4位は、HYメンバーのルーツ、沖縄への深いリスペクトを感じられる曲「時をこえ」です。

戦争の記憶を沖縄のおばぁ(おばあちゃん)、おじぃ(おじいちゃん)から聞いた若者たちの歌であり、三線、指笛などの沖縄民謡に欠かせない楽器をメインに据えたテーマ性の高い楽曲です。

この曲は歌詞の良さもさることながら、THE BOOM、BEGINら沖縄出身のミュージシャンの息吹をふんだんに感じられる音楽性に、HYの男女二人のボーカルが新たな命を吹き込んだ、まさに「時をこえ」た楽曲であることも評価が高い一因だと言えるでしょう。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。