ゾンビランと特命大使に任命されたニコルの魅力に迫る!

これまでにアメリカやドイツ・シンガポールなど世界各地で開催され人気を博してきた、ゾンビから必死に逃げるランイベントの「ゾンビラン」が日本に初上陸します。

最近日本でも大流行中のランイベントですが他のイベントと決定的に異なるのは「本気で逃げなければならない」ということではないでしょうか。ゾンビも死に物狂いで追いかけてきます。

そんなゾンビランの特命宣伝プロデューサーに雑誌ポップティーンで人気沸騰中の専属モデル、藤田ニコルが就任しました。

そこで今回はゾンビランの魅力と藤田ニコルのおもしろい一面に焦点を当ててご紹介させていただきたいと思います。

「ゾンビラン」ってどんなイベント?

元々「Run For Your Lives(あなたの命の為に走れ)」の名で2011年からアメリカで始まったランイベントが「ゾンビラン」です。

参加者は4人以上10人以下のチームを作ってエントリーし、全長2kmに渡るコースで走者は腰につけたライフフラッグを、全速力で襲ってくるゾンビに取られないように死に物狂いで走り逃げるランイベントです。

これまた本格的に特殊メイクを施したゾンビが恐ろしすぎますし、しかも1人だけでなく一斉に複数で襲ってくるので、かつてない恐怖を味わうことになることは必至です。

「ゾンビが怖い!」という方はゾンビ役になることも可能です。ゾンビになって死に物狂いで逃げ惑う走者を恐ろしい顔で追いかけまくるのも楽しそうですよね!

そして無事にゾンビランから生還した後は大きなクラブフロアでEDM系のDJタイムが始まります!こちらではこの日味わった恐怖なんか忘れて、人間もゾンビも一緒になってハジけてしまいましょう!

藤田ニコルがゾンビランの特命宣伝プロデューサーに就任!

8/6(木)に東京都内で行われた「ゾンビラン2015」の記者会見に人気モデルの藤田ニコルが登場し、ゾンビランの特命宣伝プロデューサーに就任しました。

藤田ニコルと言えばファンからは「にこるん」と呼ばれて愛されています。ウリが「おバカ発言を連発すること」で新たにおバカクイーンの地位を確立しつつあるオスカープロモーションの異端児ですよね。

そんなにこるんはこの日もゾンビメイクに自前のナース姿というゾンビランに合わせた出で立ちで現れ、どんな気持ちか聞かれると

“凄いゾンビな気持ちです!”
(引用:YouTube 8/6oriconofficial)

といった感じで相変わらずのにこるん節でした。さらに記者会見の場でにこるんは「カムカムゾンビ」という恐ろしく狂気を感じさせるような自らの絵を披露し、その壮絶な絵にインタビュアーも思わず吹き出してしまいました。「画伯」ぶりも凄いですね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。