Bowlineのキュレーター3組が選んだオススメ出演者発表!

タワーレコードとアーティストが共同で出演アーティストを選定し、キュレーターとなるアーティストがテーマを設定して毎回豪華な競演が実現するフェス「Bowline」。

今年のキュレーターはなんと3組!しかも、Dragon AshクリープハイプHEY-SMITHと全く異なるジャンルアーティストが出演者を選定することとなりました。どの日程でもキュレーターの個性に合致したアーティストが揃うこと間違いなしですね。

今回はそんなBowlineの各キュレーターが選んだアーティストを1組ずつ厳選して紹介し、どんなライブが繰り広げられるのかを展望してみたいと思います。

【Bowline第1弾のオススメ出演者】Dragon Ashの選んだ出演者は超ボーダーレス!

9/26(土)に幕張メッセで行われる今年のBowline第1弾は、Dragon Ashがキュレーターを務めます。

Dragon Ashが掲げたテーマは「Total Music Communication(TMC)」。このテーマに合致するアーティストを集めた結果、かなりボーダーレスで良い意味で「ごった煮」感のあるアーティスト選定となりました。

中でも注目は、やはり一昨年にキュレーターを務めたこともある「MAN WITH A MISSION」の参戦でしょう。2年前から更に進化し、現在飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らが、ただのオオカミでなくなったことを幕張で証明することが出来るのでしょうか。期待が高まります。

【Bowline第2弾のオススメ出演者】クリープハイプは大御所からアイドルまでバラエティに富んだ人選!

9/27(日)、おそらく前日の興奮冷めやらぬまま行われるBowline第2弾では、クリープハイプがキュレーターを務めます。

クリープハイプもまた、テーマとして掲げる「Bet in」の言葉に恥じない賭けに出た選定を行っており、非常に幅広いジャンルからバラエティに富んだアーティストが集結することとなりました。

前日以上にボーダーレスな選定アーティストの中でも一際異彩を放つのが、「私立恵比寿中学」です。2015年は映画やテレビなどで確実に露出を増やしてきた彼女たちがまさかの出演とあって、一体どんなステージを見せてくれるのか全く予想がつきませんね。「エビ中」のパフォーマンスにはファンでない方も要注目です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。