知っておきたい和楽器バンドの人気曲、才能集結のメンバー紹介!

個性豊かなメンバーが集結し、国内外で高く評価される和楽器バンド。そんな和楽器バンドのプロフィールや今回はライブの詳細と人気曲、メンバーについて、ブームに火がつくきっかけとなった「千本桜」の魅力などをご紹介します。さらに、和楽器バンド初の全国ホールツアーについての詳細もまとめてお届けします!

【和楽器バンドの人気曲や各メンバーの魅力を紹介!】

国内外の音楽ファンから絶賛されている8人組の和楽器バンド。テレビ出演を果たした2015年頃から注目度は高まる一方で、ファンクラブの会員も急激に増えています。

今回は彼らの経歴やプロフィール、ブームに火がつくきっかけとなった「千本桜」をはじめとする人気曲の魅力などをご紹介します。

和楽器バンド初となる全国ホールツアーについてもお届けしますので、あわせてチェックしてみてくださいね!

【和楽器バンドの経歴は?】

和楽器バンドの結成は2013年3月で、メジャーデビューしたのは2014年4月。ここまで有名だと長いキャリアがあるように思った方も多いことでしょう。

しかし、結成してわずか1年で華々しくデビューし、その2年後にはもう日本武道館での公演を成功させるという偉業を成し遂げたともいえる経歴のバンドなのです!

デビュー当時は、メンバー全員の派手なビジュアルから「どうせ見てくれだけなのでは…」と敬遠した音楽ファンもいるかもしれません。しかし、その楽曲や演奏は非常に多くの人々を魅了し続け、和楽器バンドは実力ある個性派バンドとして、日本だけでなく世界でも注目される存在になりました。

リリース作品もアニメやドラマ、映画などのタイアップが続出。2017年3月には最新アルバム『四季彩-shikisai-』の発売を控えており、ファンも期待しています!

バンドのカラーは紫!

和楽器バンドのカラーは「紫」。メジャーデビュー前に発表されたボカロカバー曲「天樂」のPVでは、ヴォーカリストの鈴華ゆう子が艶やかな紫色の着物を身にまとっています。

このPVは、和楽器バンドの打ち出したいカラーを見事前面に押し出していますよ!また、鈴華ゆう子が赤の衣装、他のメンバーが青の衣装をまとい、混ざり合うと紫になるという意味で表現することもあります。(敬称略)

【和楽器バンドの才能あふれるメンバーたちをご紹介!】

ワールドワイドに活躍し、各分野ですでに名を馳せているメンバーが多く在籍する和楽器バンド。続いては、それぞれのメンバーをチェックしていきましょう!

Vocal:鈴華ゆう子(すずはな ゆうこ)

Twitterアカウント:@yuchinsound

紹介

東京音楽大学ピアノ科を卒業した才媛。2011年にはミスニコ生の座に輝き、詩吟は師範代、詩吟については全国吟詠コンクール青年の部でも一位に輝くなどその実力は歴然。

その美しい歌声は国内のみならず海外でもファンを増やし続けています。現在はユニット「華風月」でも活動中で、2016年11月にはソロのミニアルバムもリリースしています!(敬称略)

箏:いぶくろ聖志(いぶくろ きよし)

Twitterアカウント:@bsmpl

紹介

高校在学中に文部科学大臣奨励賞を受賞し、海外公演の経験もある実力派箏奏者。「Crow×Class~黒鴉組~」「蓮-REN-」「華風月」と3つのグループを掛け持ちしているので、別方面での活躍も要注目です。

箏という楽器の秘めた可能性を求め、邦楽器以外に洋楽器とのコラボレーションにも意欲的に参加しています!(敬称略)

尺八:神永大輔(かみなが だいすけ)

Twitterアカウント:@daisukekaminaga

紹介

福島県いわき市出身。「華風月」のメンバーでもあります。18歳から尺八をはじめ、都山流尺八師範検定試験を首席で合格し、”耀山”の名を授かりました。

海外各地で公演経験があり、多数のバンド・グループに在籍しています。国内外で行われる大型国際イベントにも、多く参加しています!また、尺八講師としても活躍中です。(敬称略)

津軽三味線:蜷川べに(にながわ べに)

Twitterアカウント:@benina1225

紹介

京都出身。名前の響きに似合う妖艶な美貌の持ち主で、ファンの間では鈴華派か蜷川派か熱い討論になるほど。大阪の流派で4歳の頃から民謡を始め数々の賞を受賞しましたが、喉を痛めたことをきっかけに15歳ごろから津軽三味線に力を入れはじめたとのことです。

実は、アニメ・漫画が好き、オウムを飼っているなど、キャラクターも個性的です。(敬称略)

和太鼓:黒流(くろな)

Twitterアカウント:@967CrowClass

紹介

幼少期から和太鼓に触れ、9歳でプロ集団に入門したという達人。TDSやTDLで和太鼓の指導も行っている他、海外での演奏経験も豊富です。東京都教育委員会主催「東京都高等学校文化祭・郷土芸能部門・中央大会」の審査員を務めています。

また、和太鼓だけでなく歌声も素敵で、「Crow×Class~黒鴉組~」ではボーカルも披露しています。(敬称略)

Guitar&Side Vocal:町屋(まちや)

Twitterアカウント:@shin_machiya

紹介

和楽器バンドではサイドでの活躍が多いですが、メインボーカルもしっかりこなす多彩な実力者。インディーズシーンで大人気のバンド「m:a.ture」でも活躍しており、桜村眞という名前で参加しています。(敬称略)

Bass:亜沙(あさ)

Twitterアカウント:@bass_asa

紹介

女性と見間違えてしまいそうな、美しく中性的な顔立ちが特徴的。ボカロPとしても活躍するベース担当です。

2012年7月に投稿され話題となった「吉原ラメント」を作ったと聞くとぴんとくる方も多いでしょう。ボーカリストとしても魅力的な声の持ち主です。(敬称略)

Drums:山葵(わさび)

Twitterアカウント:@wasabist

紹介

和太鼓との絶妙なコンビネーションは、和楽器バンドの醍醐味の一つとなっています。

日中ハーフの彼は、ササキアキラとも名乗っていますが、服を着るとササキアキラになる、との冗談めかしたエピソードがあり、その名義でバンド活動をしていたことがあります。(敬称略)

【和楽器バンドのメンバーの才能にファンは夢中!】

それでは、和楽器バンドの楽曲についてみてみましょう!

バンドを有名にした「千本桜」

TBS系「ランク王国」(2014年2月~3月)のEDテーマとなった「千本桜」で一躍有名となった和楽器バンド。カバー曲でありながらも、当時はミュージックビデオのYouTube再生回数も大変伸び、注目度がうかがえる楽曲となりました。

その音楽性を確立させている、メンバー個々のポテンシャルの高さがファンを魅了しています。また、プロフィールを明らかにしないミステリアスな部分と同時に、全員がTwitterのアカウントを持っていることで近しい感覚を持たせてくれるといったギャップもたまらないようです。

「千本桜」の魅力とは?

もともと初音ミクのボカロ曲として非常に人気の高い「千本桜」。和楽器バンドの「千本桜」の魅力は、もともと千本桜が持っているテクノ由来の大和魂と、古来より日本人と共にあった和楽器の融合ですよね。ロックやヘッドバンキングがマッチするというのも意外性があって、面白いポイントです。

またPVは何度見ても新しい発見があり、見飽きません。カラオケでも原曲よりキーが安定しているので人気があります。

他の人気曲もちょこっとご紹介!

「千本桜」のほかに人気曲を数曲ご紹介しましょう。

「暁ノ糸」

出だしのゆっくりと始まる序盤から、もう一つのイントロでドラムに心臓をわしづかみにされたらもう再生をとめることができません!和の美しいメロディーと重いリズムが絶妙なコントラストを生み出しています。

「戦-ikusa-」

男性陣の華麗な殺陣が見られる「戦-ikusa-」は、タイアップされたアニメ『戦国無双』の世界観をゴージャスに表現しされています。疾走感のあるアニメの内容にもしっくりくるパワフルな楽曲です。静と動の変化がテンションを上げてくれます!

「反撃の刃」

dTVオリジナルドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』の主題歌となった「反撃の刃」。『進撃の巨人』のような熱く激しい感情あふれる世界観がぴったりですね!

【和楽器バンド初の全国ホールツアー開催決定!】

個性たっぷりのメンバーや人気曲について詳しくご紹介してきましたが、彼らはライブでのパフォーマンスも高く評価されています。今年は和楽器バンド初となる全国ホールツアー『和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori-』の開催が決定。

小規模〜中規模の会場で、臨場感たっぷりのステージを堪能できる絶好の機会ですね!では、最後にツアーの詳細をチェックしておきましょう!

日程・会場

(※時間はすべて予定となります)

  • 2017年4月22日(土) かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール《東京》開場15:00 開演16:00
  • 2017年4月29日(土) 茨城県立県民文化センター 大ホール《茨城》開場17:00 開演18:00
  • 2017年5月3日(水・祝) サンポートホール高松・大ホール《香川》開場16:30 開演17:30
  • 2017年5月4日(木・祝) 松山市総合コミュニティセンター《愛媛》開場16:30 開演17:30
  • 2017年5月7日(日) 福岡市民会館《福岡》開場16:30 開演17:30
  • 2017年5月14日(日) 長野・ホクト文化ホール・中ホール《長野》開場16:30 開演17:30
  • 2017年5月27日(土) 札幌わくわくホリデーホール《北海道》開場17:00 開演18:00
  • 2017年6月4日(日) よこすか芸術劇場《神奈川》開場16:30 開演17:30
  • 2017年6月9日(金) 金沢市文化ホール《石川》開場18:00 開演19:00
  • 2017年6月11日(日) 新潟テルサ《新潟》開場16:30 開演17:30
  • 2017年6月17日(土) 広島上野学園ホール《広島》開場17:00 開演18:00
  • 2017年6月18日(日) 倉敷市芸文館《岡山》開場16:30 開演17:30
  • 2017年7月1日(土) 仙台サンプラザホール《宮城》開場17:00 開演18:00
  • 2017年7月2日(日) 郡山市民文化センター大 ホール《福島》開場16:30 開演17:30
  • 2017年7月8日(土) グランキューブ大阪《大阪》開場17:00 開演18:00
  • 2017年7月9日(日) 京都ロームシアターサウスホール《京都》開場16:30 開演17:30
  • 2017年7月15日(土) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール《愛知》開場17:00 開演18:00
  • 2017年7月21日(金) 東京国際フォーラム ホールA《東京》開場18:00 開演19:00

約3カ月かけてまわるツアーは、キャパシティ1,500〜2,500席ほどのホールが多くなっています。日本武道館公演を見たファンにとっては、また違った臨場感を楽しめることでしょう!メンバーの動きを見やすい距離も嬉しいですね。

和楽器バンド関連記事です!

【和楽器バンドの魅力はまさに底なし沼!】

(出典:photoACより)

和楽器バンドメンバーのプロフィール、人気曲や「千本桜」の魅力、そして初の全国ホールツアーの詳細などをまとめてお届けしました。知ればし知るほど好きになる中毒性の高い「和楽器バンド」。メンバー一人一人の魅力たっぷりのメンバーがとてもあり、その8人が結集して作り上げる音楽はまさに至高です!ぜひ、ライブ会場に足を運んで彼らのエネルギッシュなパフォーマンスを体感してみてくださいね。(敬称略)チケットキャンプ(チケキャン)では「和楽器バンド」のチケットを取り扱い中です。是非チェックしてみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。