知っておきたい和楽器バンドの人気曲、才能集結のメンバー

来年、2016/1/6(水)になんと日本武道館でのライブが早くも決定した、和楽器バンド

オリジナルドラマ版「進撃の巨人」の主題歌決定や、「Mステーション(2015/4/3放送)」初出演など、その露出は増え、注目度も増し、ファンクラブの会員も急激に増えています。

今回はライブの詳細と人気曲、メンバーについて、またブームに火がつくきっかけとなった「千本桜」の魅力などをご紹介します。

和楽器バンドの日本武道館公演が発表

  • ・ツアー名:和楽器バンド 大新年会 2016 in 日本武道館 
  • ・日時:2016/1/6(水)
  • ・会場:日本武道館

チケットはファンクラブに最速で先行予約があることだけ告知されています。

FCは「OFFICIAL GLOBAL FANCLUB「YAERYU」で年会費3,200円(税込)*他・手数料500円がかかります。チケットがとれるか不安な方は入会しておくのも手です。

公式サイトから申し込みができますが、国外の方もファンクラブに入れるというグローバルなこの会には手にとれる「会員証」がなく、「デジタル会員証」になりますので、スマホやPCがある方が便利なようです。

▶︎八重流-YAERYU-公式サイトはこちら

和楽器バンドの才能あふれるメンバーたち

ワールドワイドに活躍し、各分野ですでに名を馳せているメンバーが多く在籍する「和太鼓バンド」のメンバー8人

  • 鈴華ゆう子(Twitterアカウント:@yuchinsound)
    ボーカル担当の彼女は東京音楽大学ピアノ科を卒業した才媛。
    2011年にはミスニコ生の座に輝き、詩吟は師範代、詩吟については全国吟詠コンクール青年の部でも一位に輝くなどその実力は歴然。
    その美しい歌声は国内のみならず海外でもファンを増やし続けています。
  • いぶくろ聖志(Twitterアカウント:@bsmpl)
    箏担当のいぶくろさんは高校在学中に文部科学大臣奨励賞を受賞し、海外公演の経験もある実力のある箏奏者。
    「Crow×Class~黒鴉組~」「蓮-REN-」「華風月」と3つのグループを掛け持ちされておられますので、そちらでの活躍も要注目です。
  • 神永大輔(Twitterアカウント:@daisukekaminaga)
    尺八担当の神永さんは都山流尺八師範検定試験を首席で合格され、耀山の名を授かりました。
    多数の国で公演経験があり、多数のバンド・グループに籍をおかれています。また尺八講師としても活躍されています。
  • 蜷川べに(Twitterアカウント:@benina1225)
    津軽三味線を担当されている蜷川さんは、大変お美しく、ファンの間では鈴華派か蜷川派か熱い話題になるほど。
    7歳ごろからはじめられた津軽三味線の腕前はかなりのもの、また、大変アニメ・漫画がお好きということ、オウムを飼われていることなど、キャラクター的にも面白い彼女です。
  • 黒流(Twitterアカウント:@967CrowClass)
    和太鼓担当の黒流さんは、TDSやTDLで和太鼓の指導も行っている他、海外での演奏経験も豊富です。和太鼓だけでなく歌声も素敵で、「Crow×Class~黒鴉組~」ではボーカルも担当されています。
  • 町屋(Twitterアカウント:@shin_machiya)
    ギター担当の町屋さんは、ボーカルもこなす多彩な実力者。「m:a.ture」でも活躍され、そちらは桜村眞という名前で参加されています。
  • 亜沙(Twitterアカウント:@bass_asa)
    女性と見間違うばかりの端麗な美形である亜沙さんはボカロPとしても活躍するベース担当。「吉原ラメント」を作られた方と聞くとぴんとこられるかたが多いと思います。
    ボーカリストとしても大変いい声をお持ちです。
  • 山葵(Twitterアカウント:@wasabist)
    ドラム担当の山葵さん。年齢をはっきり公表しないメンバーがほとんどの中、自身のTwitterで年齢を明らかにされました。
    現在27歳の日中ハーフの彼は、ササキアキラとも名乗っておられますが、服をきるとササキアキラになるとの冗談めかしたお話があり、そのササキアキラ名義でバンド活動も以前されていました。
友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。