ULTRA JAPAN2015のPhase 2ラインナップを抜粋してご紹介!

昨年2014年にマイアミ発世界三大EDMフェスの一つULTRA MUSIC FESTIVALの日本版として上陸し、今年もチケットが入手困難を極めるほどの人気を誇るULTRA JAPAN2015

まずPhase1ラインナップとしてデイヴィッド・ゲッタやアーミン・ヴァン・ブーレンなど4人の世界的DJの参加が発表されていましたが、先日Phase2ラインナップとして新たに12組のアーティストが追加されました。

ここでは新たに追加されたPhase2ラインナップから出演アーティストをピックアップし動画を交えて、その魅力やおすすめ曲をご紹介させていただきたいと思います。

ULTRA JAPAN2015
(出典:Twitter)

ULTRA JAPAN2015のPhase 2ラインナップその1:Afrojack

Afrojack
(出典:Twitter)

オランダ出身で現在のEDMブームを早い段階から牽引してきた正真正銘の超大物DJ、Aflojack。

彼は2014年の推定年収が20億円以上というセレブな面にも焦点が当たりますが、何よりその魅力はクラブミュージックからポップス、ヒップホップなどジャンルを問わず多方向で音楽を創り出す面にあるのではないでしょうか。

どれもキャッチーで聴きやすく、当たり前のようにヒットを連発するという天才DJぶりを発揮しています。昨年のULTRA JAPAN2014にも登場し、多くのファンを熱狂させていましたよね。

そんな彼の代表曲でありおすすめ曲は2014年に公開され大ヒットした「Turn Up The Speakers」です。今最もアツいDJのMartin Garrixとコラボして、これこそ夏に聴きたいEDMの王道と言えるパーティーチューンに仕上がっています。

ULTRA JAPAN2015のPhase 2ラインナップその2:Alesso

Alesso
(出典:Twitter)

スウェーデンの首都ストックホルム出身で、まだ24歳という若さながら世界のEDM系フェスの常連となっているDJのAlesso。

Alessoの楽曲は決してハードではなく滑らか、それでいて気分は盛り上がるという、いわゆるキラキラ系EDMの代表格と言われていますね。

美しく感動的でドラマティックなメロディーメーカーで、彼の楽曲で自然と涙が零れてしまうほど感動したというファンの方も少なくないのではないでしょうか。そこがAlessoの真骨頂でもありますよね。

そんなAlessoを知るためにおすすめしたい曲は2012年に発表されたAlessoと言えばコレとも言えるほどの超有名曲「Calling」です。Sebastian Ingrossoとコラボして制作した爽快感の中に切なさも感じることが出来る美しいメロディに注目して聴いてほしい1曲です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。