フジファブリック「若者のすべて」の魅力を徹底分析!

2000年に志村正彦を中心に結成され、志村正彦氏亡き現在も常に進化を続けている3人組ロックバンドのフジファブリック

独特の哀愁が漂う素敵なメロディ、絡み合う鍵盤の音、そして心の奥底に届く歌詞などに感銘を受けているファンの方も多いのではないでしょうか。

そんなフジファブリックが2007/11/7(水)にリリースした10thシングル「若者のすべて」は当時月9ドラマの劇中で使われて大きな反響を呼びましたよね。ここではフジファブリックのシングル曲「若者のすべて」の魅力について迫っていきたいと思います!

フジファブリック1
(出典:Twitter)

切なさを呼び起こすフジファブリック「若者のすべて」

若者のすべてをAmazonでチェック!

2007/11/7(水)にリリースされたフジファブリックの10thシングル「若者のすべて」は2008/1/23(水)にリリースされたフジファブリックのメジャー3枚目のアルバム「TEENAGER」の先行シングルとして発売されました。

作詞・作曲は志村正彦氏が担当しており、夏の終わりと最後の花火大会が終わった後の虚しさや切なさをセンチメンタルに考えてしまうところを歌った曲なんだそうです。

また曲中にある花火は志村氏の地元の花火大会をイメージしているそうですが、もしかしたら志村氏自身の経験も歌詞に込められているのかもしれませんね。初回盤に限りジャケットと同じ絵柄のしおりが封入されていました。

▶︎若者のすべてをAmazonでチェック!

フジファブリック「若者のすべて」が月9ドラマで流れ話題に!

フジファブリック2
(出典:Twitter)

2013年の7/8(月)から9/16(月)まで放送されたフジテレビ系月9ドラマ「SUMMER NUDE」の劇中にて、フジファブリック「若者のすべて」が流れ、ファンのみならず全国のお茶の間で大きな話題を呼びました。

SUMMER NUDEは山下智久主演で、女優陣も長澤まさみや戸田恵梨香、香里奈など豪華出演陣で、忘れえぬ恋人への想いを抱いた若者たちの夏の恋を描いた作品ですよね。

このドラマの主人公である三厨朝日の「思い出の曲」として第2話や第3話で流されたのですが、朝日の「若者のすべて」の歌詞に対する解釈は「失恋の曲」でしたね。長澤まさみ演じる朝日の昔の恋人である一倉香澄の受け取り方は「別れた男女がまた出会う曲」ということでした。

ドラマを見ていた方々やフジファブリックのファンの皆様それぞれで解釈が異なる「若者のすべて」の歌詞。皆様はどのように解釈されたでしょうか。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。