名曲揃い!マルーン5の華やかなコラボの歴史に迫る!

アルバム売上が全世界で1700万枚越え、グラミー賞を3度受賞する、日本でも大人気のスーパーバンド、マルーン5

9/1(火)大阪城ホール、そして9/2(水)横浜アリーナで行われる待望の日本公演もいよいよ目前となり、チケットをゲットできた方々はワクワクを抑えきれない日々が続いているのではないでしょうか?

果たしてどんな曲をプレイしてくれるのか、どんなステージングを披露してくれるのか、期待に胸が高鳴りますよね。

さて、そんな彼らの楽曲には、外部アーティストを擁したコラボソングというものも存在します。しかも、コラボ相手は皆豪華な顔ぶれ!ということで、ここではそんなマルーン5の豪華歌手陣とのコラボ遍歴を見ていきましょう。

マルーン5の豪華コラボ 1人目は…グウェン・ステファニー

最初にご紹介するのは、ノー・ダウトの紅一点、グウェン・ステファニー

昨年9月発売のアルバム「V」に収録された「My Heart Is Open」において、グウェンがゲスト参加。ピアノ主体のバラードを、アダムと共に歌い上げています。

ちなみに、同じ9月、アダムが初回からレギュラー出演しているオーディション番組「The Voice」の新シーズンがスタートしたのですが、そこにはグウェンの姿が。なんと彼女も、そのシーズンから出演が決まっていたのです。

このコラボとテレビ出演は、果たして偶然なのか計画されたものだったのか…。それは知る由もありませんが、今年2月のグラミー賞授賞式では2人によるコラボステージも用意され、この曲が演奏されました。10代の頃から第一線で活躍するグウェンとの共演は貫録にあふれていましたね。

マルーン5の豪華コラボ 2人目は…リアーナ

続いてのご紹介は…リアーナ

R&Bシンガー、リアーナとのコラボが実現したのは、2008年。前年に発売され、すでにヒット曲となっていたマルーン5のシングル「If I Never See Your Face Again」に彼女を起用し、デュエットソングに仕上げたのです。

アダム曰く、この曲を男女のバトルスタイルのデュエットにしたいと言い出したのがきっかけで、マルーン5のメンバーがリアーナの大ファンだったことから、彼らの熱烈なアプローチに応え、このコラボが実現したとのこと。

この曲はその後、マルーン5、リアーナ双方が既に出していたアルバムをリイシューする形で収録されました。

その際に作られたのがこのPVですが、いかがでしょう?一触即発なアダムとリアーナの様子がまさにデュエットバトルという雰囲気にピッタリですよね?

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。