公式ツイッターで分析!レキシ・池田貴史の不思議な魅力とは

大の歴史好きが高じ、歴史にちなんだ変名を使用した豪華アーティストを起用し、聴いているだけで歴史が好きになってくる、歴史縛りファンクネスバンド、レキシの池田貴史。

その唯一無二のレキシワールドは、彼の独特な感性の賜物です。そして、そうした彼の人間性は様々な人々を引き寄せ、彼のツイッターアカウントでは、毎回、バラエティー豊かな顔ぶれが登場し、ファンを楽しませてくれます。

そうした事からも、彼のツイッターは彼自身を色濃く表していると言っていいかもしれません。そこで今回は、そんなレキシのツイッターアカウントから、彼の人間的魅力が垣間見えるツイートの数々を抜粋してご紹介していきます。

レキシ 池田貴史の魅力その1:映画出演は”ふわふわ”だった?

いきなり何を言っているのかとお思いかとは思いますが、そこでこちらの画像なんです。お隣にいるのは、映画監督の是枝裕和氏。

実は、池田さん、役者としても活躍しており、是枝監督の最新作「海街diary」に出演されているんです。この画像は、その舞台挨拶にサプライズ出演した際のもので、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずなど主演陣のいるステージへ「ケビン・コスナーです」と登場して場を和ませました。

そんな彼が、映画出演を振り返り言い放ったのが、この「ふわふわ」で、撮影中も帰宅後も映画を見た今でも、夢の中のようなふわふわした感じが抜けないとのこと。そもそも監督は、彼に台本を渡さずに「ここはこう言って」とその場で支持をしていたそうで、そりゃそう感じるのも無理はないかとも思ってしまいますよね。

レキシ 池田貴史の魅力その2:交友関係が本当に豪華!

こちらの画像は、NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」のオープニン曲を書いた、作曲家の大友良英氏。今年2月、3月に行われたライブでも共演されたそうですが、こうした豪華なメンツが登場するのもレキシのツイッターアカウントならではです。

もともとレキシに参加しているメンバーも、変名は使用していますが、いとうせいこう、スチャダラパー、斉藤和義、怒髪天、ELT持田香織など、取っても豪華な人々で構成されていますし、彼の音楽センスに惹かれる人が多いことの証明ですよね。

ちなみにツイッターに頻繁に登場するのは、芸人としてだけでなく、ミュージシャンとしても大活躍中のやついいちろうさんやダイノジの大谷さん、そしてなぜか、覆面レスラーのスーパーササダンゴマシンもマスクを外した状態で登場。彼の濃ゆ~い交友関係は、彼の上げる画像を見ているだけでも1,2時間は楽しめます。

レキシ 池田貴史の魅力その3:謎の鳩が仕事を邪魔する

先ほどの画像で大友さんが持っていた鳩。実はこれも池田さんのツイッターによく登場します。「鳩が仕事の邪魔をする」とのことですが、実はこの鳩、彼のライブにおいて重要な役割を担っています。

レキシのライブに欠かせないものとなりつつあるのが、彼のマジックショー。歌の途中でいきなり手品を始めてしまうのです。その際に使用するのが、どうやらこの鳩のようで、レキシの爆笑必至のライブには欠かせない存在というわけです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。