どこで接点が?椎名林檎の意外な交友関係に注目

デビュー15周年を超え、コンサートやフェスの出演、新曲発表を続々と行っている椎名林檎

2014年にはNHKサッカー中継のテーマソングとして今でも流れている「NIPPON」を発表し、大晦日のNHK紅白歌合戦に出場しました。

そんな椎名林檎、テレビ出演や雑誌などで、幅広い交友関係を話しています。また、椎名林檎と親しいミュージシャンたちがツイッターなどで交友関係を明かすことも。椎名と近い年代の女性アーティストの交友関係もたくさんあるようです。

椎名林檎の交友関係:東芝EMIの同期、宇多田ヒカルと仲良し

椎名林檎と宇多田ヒカルは二人は1998年に東芝EMIからデビューしました。当時椎名は19歳、宇多田は15歳でした。ライバル同士争ってもおかしくない関係なのですが、二人は仲良しです。

デビュー翌年の1999年、東芝EMIの新人発表イベントに二人は飛び入り参加し「東芝EMIガールズ」というベタなユニット名を名乗って、ピアノの演奏をバックにカーペンターズの「I Won’t Last a day without You」をカバーしました。

この様子は、椎名林檎のカバーアルバム「唄ひ手冥利〜其ノ壱〜」にも収録されています。

唄ひ手冥利~其の壱~をAmazonでチェック!

2014年、宇多田ヒカルが結婚した際、椎名林檎は結婚を祝して「traveling」をカバーしていました。

宇多田はツイッターで「東芝EMIガールズを再結成したい」と綴ったこともあります。椎名に続き、ママになった宇多田、活動再開は椎名との東芝EMIガールズかも!?

▶︎唄ひ手冥利~其の壱~をAmazonでチェック!

椎名林檎の交友関係:楽曲提供した石川さゆりとは、NY旅行した仲!

こちらは演歌界の大御所、石川さゆりとタッグを組んだ「名うての泥棒猫」。

二人の出会いは2011年のNHK紅白歌合戦。椎名林檎は2014年4月に発売された石川さゆりのアルバム「X-CrossII-」に楽曲提供しました。奥田民生森山直太朗など多彩なアーティストが石川さゆりに曲を提供したということで話題になった作品です。

NHKの「SONGS」でも共演しています。「暗夜の心中立て」は「艶歌」と表現されていますが、「このタッグ、最強だわ」とため息が出る出来ですよね。

石川が椎名に楽曲提供を依頼する形でタッグを組んだ二人、なんとニューヨーク旅行を一緒にしてきたとか。旅行中に会ったという人たちも豪華でビックリです。オザケンこと小沢健二に街を案内してもらったり、矢野顕子の家に行ったり…。すごいの一言です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。