時間を有効活用!フジロック2015のタイムテーブル攻略

日本の夏を代表するビッグイベント、FUJI ROCK FESTIVAL
単日毎にスキのないラインナップで3日間開催の夏フェスを最大限楽しむ為に、ここでは各日程の注目アーティストを厳選してご紹介致します。

是非予習・復習に役立ててフジロック2015を思いっきり楽しんで下さいね。
▶︎フジロックオフィシャルHPはコチラ

【フジロック2015タイムテーブル攻略】初日から重量級のヘッドライナー

1日目タイムスケジュール

  • 11:00〜 ROUTE 17 Rock’n’Roll ORCHESTRA @GREEN STAGE

    先ず初日のGREEN STAGEオープニングはここ数回定番の彼ら。昨年ゲストは甲本ヒロト、THOSI-LOW等。有名曲のカバー等で盛り上げますが、ひとクセもふたクセもあるゲストを交えての、まさにお祭り騒ぎが最高に楽しいオーケストラです。今年は泉谷しげる、吉川晃司が登場するようですね。

  • 12:50〜 THE VACCINES @GREEN STAGE

    お昼を挟んで午後もGREENSTAGEに居座り、続いてはザラっとしたガレージを聞かせるUK出身4人組ロックバンド。デビューアルバム全英2位、セカンドが全英1位という文字通りのイギリス期待の星

  • 14:00〜 THE DISTRICTS @RED MARQUEE

    その後は少し移動してお隣のRED MARQUEEのTHE DISTRICTSへ。フィラデルフィア出身の4ピース、ボーカルの声が気持ち良い少しハネた感じのクラシックロックです。演奏力も高く結成間もない高校生時代のアルバム「Telephone」もクオリティが高く驚かされます。アークティックモンキーの前座経験あり。

  • 14:50〜 OWL CITY @GREEN STAGE

    その後は時には浮遊感漂い、時には高みに上り詰めるエレクトロのOWL CITYで爽やかなパーティータイムを楽しんで折り返し。そろそろ本腰を入れていかなければならない時間帯ですね。

  • 16:50〜 ONE OK ROCK @GREEN STAGE

    そのまま今年アルバムリリース、海外フェス参戦と世界に羽ばたく絶対外せないONE OK ROCKを観戦。動画は、ONE OK ROCKニューアルバム「35xxxv」から「Cry out」。

  • 18:00〜 BOOM BOOM SATELLITES @WHITE STAGE

    押せ押せのライブを最後まで観たいですが、ちょっとWHITE STAGEのBOOM BOOM SATELLITESが気になりますね。制限はかからないと思いますが、ブンブンを見るなら移動で20分はかかるので少し早目にワンオク観戦を切り上げた方が無難です。

  • 18:50〜 MOTÖRHEAD @GREEN STAGE

  • 21:00〜 FOO FIGHTERS @GREEN STAGE

    初日ラストはMOTÖRHEADからのFOO FIGHTERSですよね。
    ピュアロックンロールを掻き鳴らしデビルサインが無数に振り上げられるモータヘッド、何をやらせてもカッコいいデイヴ・グロール率いるフーファイターズは伸びのあるロックで老若男女問わずフェイバリットに挙げられています。

    両バンド共にレジェンドですが意外にお互い親交があるようですね。

【フジロック2015タイムテーブル攻略】2日目はフェスの醍醐味 人気上昇中アーティストとの新たな出会いが

2日目タイムスケジュール

2日目はRED MARQUEEスタート。

  • 10:50〜 GLIM SPANKY @RED MARQUEE

    男女二人組のGLIM SPANKYは、とにかく女性VO松尾レミのしゃがれ&パワフルボイスと激情の音を掻き鳴らす亀本寛貴のギターがザラりとして最高にカッコ良いですね。

  • 11:30〜 10-FEET @GREEN STAGE

    2組目はGREEN STAGEに移動して夏フェス荒らしの10-FEETを観戦。CHERRYBLOSSOMで桜が舞うのでしょうか?アツいバンドは夏が似合いますよね。

  • 12:40〜 RIZE @WHITE STAGE

    そろそろお腹が空いて来る頃ですが、RIZEを観るならご飯は後回しにしましょう。ヒップホップ×ロックのミクスチャーシーンを引っ張ってきた彼らですが、現在はゴリゴリのロックでアジアを股にかけるバンドへ成長しています。

  • 14:20〜 KEMURI @GREEN STAGE

    昼食を取ったら再度WHITE STAGEでスカパンク日本代表のKEMURIを観てはいかがでしょうか。ポジティブメンタルアティテュードを提唱する彼らのスカは夏にぴったり最高にクリーンで最高にハッピーになれます。

  • 16:20〜 ゲスの極み乙女。 @RED MARQUEE

    続いての注目アーティストはゲスの極み乙女。ですね。イロモノ感漂う名前とは裏腹に複雑な曲展開をサラリときかせる高い演奏力を持っています。聞いてみると意外と良いバンドの筆頭ですね。夏フェスではこういった出会いも醍醐味です。

    動画は、ゲスの極み乙女。「みんなノーマル」より「パラレルスペック」。

  • 21:30〜 MUSE @GREEN STAGE

    トリである皆大好きUKロック代表MUSEでダイナミックなロックを聴く前に、2日目注目したいのがエレクトロシーンから参戦カナダ出身の鼠DJ、deadmau5ことジョエル・トーマス・ジマーマンですね。ダンサブルでキラキラしたお洒落な曲から、ブリブリに歪みの効いたヘヴィな曲まで楽しめます。

      【フジロック2015タイムテーブル攻略】じっくりと盛り上がる、感動の最終日

      3日目タイムスケジュール

      最終日注目アーティストはGREEN STAGEから。

      • 11:30〜 [Alexandros] @GREEN STAGE

        [Alexandros]。5月のVIVA LA ROCKさいたまスーパーアリーナでヘッドライナーを務め、海外へも進出中の彼ら。正統派ロックですが、シリア育ちのボーカルのネイティブな英語と、UKロックの流れを汲みながらも一瞬で耳に記憶され、日本人の琴線に触れる秀逸なメロディーが持ち味ですね。

      • 13:30〜 キュウソネコカミ @RED MARQUEE

        続いてはRED MARQUEEに登場した、人気急上昇中の関西出身5人組、キュウソネコカミを観ましょう。捻りの効いた歌詞に疾走感あふれキャッチーなメロディにピコピコのシンセが乗りフロアはお祭り必至。楽曲のテイストも幅が広く今年のフェスではどこでも引っ張りだこの彼らを是非チェックして観て下さいね。

      • 17:20〜 椎名林檎 @GREEN STAGE

        最終日夕方から夜のおススメは最高にお洒落なサマーチューン長く短い祭りをリリースした椎名林檎、感情を揺さぶる歌詞と楽曲で独創的かつエモーショナルなステージが楽しめそうですね。

      • 19:40〜 HUDSON MOHAWKE @WHITE STAGE

        その後は早目の夕食を取ってWHITE STAGEのHUDSON MOHAWKEへ。モダンなエレクトロ×R&Bを見事に昇華する近年最も注目されている若手プロデューサーです。

      • 21:30〜 NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDS @GREEN STAGE

        大トリは言わずと知れた元オアシスのノエルギャラガー率いるNOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDSでフィニッシュ。今年2月にリリースしたセルフプロデュースアルバムChasing Yesterdayは全英1位を獲得。頭一つ抜けたUKロックは正にワンアンドオンリー。ビッグな夏フェスの大トリに相応しいラストですね。

        動画は、NOEL GALLAGHER’S HIGH FLYING BIRDSニューリリースアルバム「Chasing Yesterday」より「Riverman」。

        感動的なラストになりそうで今から楽しみですね、皆で燃え尽きましょう。

      フジロックの他のオススメ記事

      全てがビッグスケール、この夏はフジロックに行くしかない!

      いかがですか?日本の夏フェスを代表するビッグイベント、FUJI ROCK FESTIVALで最高の夏を生で味わってみませんか?チケットキャンプ(チケキャン)ではフジロックのチケットを取り扱い中です。是非チェックしてみて下さいね。

      友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。