黄金コンビ!中島みゆきと工藤静香はお互いリスペクトし合う関係

工藤静香に20曲以上の楽曲を提供している、シンガーソングライター・中島みゆき

中島みゆきは本人の歌も声も、またラジオなどのトークも素晴らしいのですが、工藤静香が歌うことで、改めて中島みゆきの力を実感した人も多いでしょう。

ここでは、ヒット曲を連発した神コラボ・中島みゆきと工藤静香の関係についてご紹介します。二人の素晴らしい出会いに乾杯!

中島みゆき提供、工藤静香のヒット曲といえば

中島みゆきが工藤静香に提供した初めての歌は、「FU-JI-TSU」(1988年)でした。「富士通(Fujitsu)」と混同しないようにハイフンがつけられたという裏話もある曲です。

以後、化粧品CMソングの「MUGO・ん…色っぽい」(1988年)や「黄砂に吹かれて」(1989年)など、中島みゆきが作詞し、後藤次利が作曲した歌が多数ヒットしました。中島、後藤、工藤の3人、まさに「神コラボ」です。

後藤次利はベーシストとしても有名ですが、曲の最初にサビをもってくる技法で、工藤静香が所属したおニャン子クラブら、アイドルのヒット曲を量産しました。また、おニャン子クラブの元メンバーと結婚したことでも有名です。

なお、1996年のヒット曲「激情」は、作詞・作曲ともに中島みゆきでした。工藤静香はこれまで、中島みゆきから23曲も楽曲提供を受けています。これは「かもめはかもめ」などがヒットした研ナオコの15曲よりも多い数字です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。