星野源、7年ぶりオールナイトニッポンで赤裸々トークを披露

ミュージシャン、文筆業、俳優とマルチに活躍する星野源。少年のようなキュートな笑顔と憎めないキャラクターで、女性はもちろんおじさまがたをも魅了しています。

そんな星野源が、音楽と同様に愛しているのがラジオ。日頃からラジオ愛を語り、2008年8月から11月にかけては「オールナイトニッポンクリエイターズナイト」で4回番組を担当した経験を持っていますが、今年6/5からは、7年ぶりに「星野源のオールナイトニッポンGOLD」のパーソナリティーを務め話題になっています。

7年ぶりにラジオに復帰したのは、所属バンドSAKEROCKの解散ラストライブ直後。1年ぶりの新曲「SUN」を発売したタイミングともあって、音楽に対する星野源の赤裸々な想いを生放送で聞きたい!と、放送前からファンの期待度はうなぎのぼり。

7年前とは注目度も段違いの「星野源のオールナイトニッポンGOLD」。さて、どんなトークが繰り広げられているのでしょうか?

ニッポン放送「星野源のオールナイトニッポンGOLD」

  • 毎週金曜日 22:00〜24:00放送中

星野源
(出典:星野源オフィシャルサイト)

7年ぶりの「オールナイトニッポン」で星野源節が炸裂!「死ぬほど面白い」とファン絶賛

7年ぶりに「オールナイトニッポン」のパーソナリティーに復活した星野源。起用に際して、

オールナイトニッポンは7年ぶりということですごく楽しみです! せっかくの生放送なので、リスナーの皆さんからのメールとたくさんやり取りしたいです
(引用:リアルサウンド)

とコメントを寄せていましたが、さて、その内容とは。

オンエア初日はまさかの野球中継延長で放送時間がずれ込む展開でスタートしたものの、星野節炸裂で大盛り上がり。「うう〜ん、眠い〜」という声で始まるあたりが、もう普通ではありません。

もちろん下ネタ盛りだくさん。「母がFILAを読み間違える」というリスナーの投稿を、独特の口調で下ネタに持って行く話術も披露し、Twitterでは「相変わらず下ネタ炸裂」というつぶやきも見られました。

また、リスナーたちが注目していたのが、放送前に星野源が宣言していた謎の企画「リスナーとの共同作業で展開する企画“A-1グランプリ!”」なるもの。番組中盤にやっと始まったこの企画は、フタを開けてみるとなんと「喘ぎ声グランプリ!」というアダルトな内容。これがファンの間では好評で、リスナーたちからは「死ぬほど面白い」という絶賛の声が上がっていました。

さすがラジオ大好き星野源。7年ぶりの放送で、リスナーたちのハートをガッシリ掴んだようです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。