参戦者必読!THE BAWDIESの”パーティー”マナーをチェック

BAWDIESの演奏が始まったら好き勝手に踊って欲しいという思いもあり、ライブの事を「パーティー」と呼ぶことにしている「THE BAWDIES」。

楽しそうに飛んだり跳ねたり思い思いの楽しみ方をするファンに、そうとは知らずに眉をひそめてしまうファンも。

しかし、はしゃぎすぎて怪我や事故も困りますし、メンバーに迷惑がかかりますよね。たくさんのファンがお互いを尊重しながら楽しむためには、どんなマナーに気をつければ良いのかまとめてみました!

THE BAWDIESファンのマナー、昨年福岡の事件の真偽は?

「~The 10th Anniversary~ Like a Rockin’ Rollin’ Stone Tour(2014/6/15・福岡zepp)」では、前列の小柄な女性がモッシュにやられて、肋骨が折れたというツイートが流れました。

非常に体格のいい男性に押しつぶされたということでしたが、これはどうしたら防げたのでしょうか?

こんな風に防御策をとったファンの方もおられました。

前で観たかったけど、下がってて正解だったかもしれん。
(引用元 : nyonのつれづれ。)

結局はクラブ慣れし、その場の空気に応じて自衛するしかないようですね。

THE BAWDIESファンのマナーの悪さで、怪我をしてしまった方も

「THE BAWDIES」ファンではなく、対バンなどの際、他のバンドのファンが怪我をしてしまい、悲しくもTHE BAWDIESに悪感情を抱いてしまうことも……。

しかしそうは言っても、THE BAWDIESファンひとりひとりが注意するしかありません。もはや生半可な気持ちで来ると怪我をするという注意喚起をするファンの方もいます。

しかしTHE BAWDIES自身は公式ブログで、”本当に縁日に遊びに行くくらいの気持ちで気軽に遊びに来てほしい!”とお話しされており、過熱する人気と現場の熱気に少々食い違いが起きているのかもしれませんね。
(引用元:THE BAWDIESオフィシャルブログ)

THE BAWDIESのパーティーで一番のマナー違反は?

モッシュでの事故、怪我が多いようですが、一番よく聞かれたのが「ヒール(カカト)が高い靴」。

前が見えない、足を踏まれると痛い、脱げて探し回るファンがいて危ないなどかなり印象は悪い模様。

また装飾品やメガネなどが途中外れて、身を屈めるのは本当に危険です。なるべく自衛につとめ、見つかっても踏み荒らされて破損は必至、諦めるか運に任せた方がよさそう。

撤収後にもしかしたら見つかるかもしれませんので、スタッフの方に一言お話しされておくのもいいでしょう。また、その際連絡先も渡しておくのも、スムーズな発見につながります。

THE BAWDIESの他のオススメ記事

THE BAWDIESの希望通り、マナーを守りつつ気軽に行こう!

THE BAWDIESの楽曲に興奮し、つい盛り上がってしまいますが、事故など起こらないよう、また不快に感じる方が極力出ないように楽しみたいですね。チケットキャンプ(チケキャン)では「THE BAWDIES」のチケットを取り扱い中です。是非チェックしてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。