世界三大EDMフェス「EDC」が2016年7月夏、日本初上陸!

”世界三大EDMフェス”の1つである「EDC (Electric Daisy Carnival)」が、2016年の7月に日本に初上陸することが発表されました!

世界一チケットが入手困難なフェス「TOMORROW LAND」を運営する「SENSATION」も日本に初上陸しますし、新たなブームになりそうですよね。

EDCは、1997年にロサンゼルスにてスタートした、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の祭典。その中でもEDCは、Daisy(デイジー)の花をモチーフにしたカラフルな演出が見どころです。

2010年にラスベガスに舞台を移してからは、世界的な人気に火が付き、なんと通年の動員数が100万人という化け物のようなフェスなんです。

そして、何よりとってもゴージャス。華やかでカラフルなのはもちろん、花火、アトラクション、観覧車などフェス会場はまるで遊園地。参加型&体験型のカーニバルです!参加DJも200人以上の、超大規模ダンスミュージックの祭典です。


(出典:twitter)

まだまだ詳細は発表前ですが、現時点でわかっている情報や海外での開催事例をまとめました。来年7月の開催にむけ、しっかり準備を始めましょう!

EDC Japan 2016の概要

公演名

ELECTRIC DAISY CARNIVAL JAPAN

日 程

2016年7月

会 場

東京

日程や開催場所、チケット販売などの詳細は、2015年8月以降に随時発表される予定です。
最新情報は、EDCオフィシャルホームページにて発表されるのを待ちましょう!

ちなみに、日本版のイベントは日本の大手IT企業GMOの名前がポスターにあります。日本企業も今後こういったイベントに力を入れてくれれば、日本においてもEDMはもっと盛んになるに違いにありません。

EDC Japan 2016はどんな感じのイベント?

とにかく、今までにない体験型の光と音のカーニバル。参加者もまるでハロウィンの様にさまざまな衣装に身を包み、会場を彩ります。まずは、公開されたばかりの予告動画をご覧ください。見ているだけで、ワクワクしませんか!?

観覧車やアトラクションなど、フェス内に遊園地というのが信じられませんよね。まさに大人が子供に還って走り回れる遊園地。地上の楽園と形容する人もいるそうですが、まさにその通りです。一度参加すればきっとやみつきになること間違いありません。

巨大なフクロウがやってくる

(出典:twitter)

(出典:twitter)

きらびやかな光と音楽の祭典!

(出典:twitter)

(出典:twitter)

なんと、会場が巨大遊園地に

(出典:twitter)

(出典:twitter)

まるでハロウィン!パフォーマーも素敵

(出典:twitter)

世界各地のEDCを見てみる

本拠地ラスベガスだけではなく、ニューヨーク、オーランドのアメリカ3都市と、プエルト・リコ、メキシコでも開催されているこのイベント。各地ごとにどのような違いがあるのか?オフィシャルトレーラーをまとめてみましたので、参考にどうぞ。

EDCプエルトリコ

EDCメキシコ

EDCニューヨーク

EDCラスベガス

EDCオーランド

どの会場のイベントも本当に楽しそう。そして、日本版も本場EDCと同じくらいのレベルを期待できそうです!

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。