ロックとレゲエ!?SiMの魅力とMAHの溢れる個性に迫る!

SiMはMAH/マー(ボーカル)、SHOW-HATE/ショウヘイト(ギター)、SIN/シン(ベース)、GODRi/ゴリ(ドラム)の個性的な4人組からなる人気急上昇中のレゲエ・パンク・バンドのSiM(シム)

今最もチケットが取りにくい」と言われているほど注目されているSiMですが、攻撃的なヘヴィメタル・ハードコア・パンクにレゲエを取り入れた疾走感のある新世代的なサウンドが特徴です。

近年は「京都大作戦」や「PUNKSPRING」、更には「FUJI ROCK FESTIVAL」や「RISING SUN ROCK FESTIVAL」など大規模なロックフェスにも登場する彼らが気になっていた方も多いのではないかと思います。

今回はそんなSiMの魅力をご紹介させていただくと共に、SiMの顔でもあるフロントマンのMAHのTwitterから彼の個性に迫っていきたいと思います!

SiMの魅力が詰まった代表曲「KiLLiNG ME」は必聴!

さっそくSiMの魅力を目で見て、耳で聞いて堪能して頂ける代表曲中の代表曲である「KiLLiNG ME」を動画でご覧いただきましょう。SiMの人気の火付け役と言っても過言ではない「KiLLiNG ME」から、SiMに注目しファンになったという方も多いのではないでしょうか?

ボーカルのMAHはこのPVのようにツーブロックな黒髪、ポロシャツにスキニータイ、そしてスキニージーンズといったミニマムなスタイルが多いのですが、とっても激しいのにかわいらしさも感じさせてくれますね!

そしてSINのベースの位置が高い!メンバーそれぞれが個性的な動作を見せてくれとっても気になりますし、個性的でとってもカッコイイです!

この曲はのっけからのインパクトの強いシャウトとギターによる洗練されたリフで一気に引き込まれます。曲を通して疾走感に溢れる曲調でなおかつ激しいパンク&メタルなんですが、とにかくキャッチ―で聴きやすいです!普段メタルを聴かないそうでも聴きやすい、これがSiMの人気を更に急上昇させた要因でもあるのではないかと思います!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。