SENSATION2015 上級コーデ術は”白×サイバー”で魅せる

オランダのアムステルダムで2000年からスタートして以来、世界33か国で開催され絶大な人気を誇るEDM系音楽フェス「SENSATION」。

「ドレスコードは全身白」ということが特に有名で、参加者やスタッフはもちろん会場内のセットや装飾に至るまでが白で統一されており世界一美しいフェスとしても知られています。

そんなSENSATION、今年日本で開催されることが決定しました!日本には初上陸のフェスイベントです。ULTRA Music FestivalやTomorrowlandと並んで世界3大EDM系フェスとしても地位を確立しています。

ここではそんなSENSATIONの名物となっている白コーデの参考スナップをまとめてご紹介させていただきたいと思います。

SENSATION JAPAN 2015 コーデはシンプルに!

Tシャツでラフstyle

世界のSENSATIONの白コーデを見ていると男女共にタンクトップかTシャツに、ジーンズか短パンといった感じの非常にシンプルなスタイルが大多数を占めているようでした。

シンプルがベスト

この会場内も白で統一されているサイバーで非現実的な空間だからこそ、あえてシンプルにスタイリングしているような感じにも思えます。
そしてシンプルでもオシャレに見えますね。

モテスタイルならこれ

男性はこのようにシックでセクシーなシャツを着用してる方も多かったですね。ネクタイがシルク素材の光沢感のあるデザインですと光を反射して輝くので、色気が増すかもしれません。
それにシャツ姿の男性ってスーツ姿の男性のようにモテ要素になりますよね。

SENSATION JAPAN 2015 上級コーデはデザインで勝負

SENSATIONで一目置かれるオシャレさんはデザインや生地素材で勝負をかけている方が多いです!

ワンピースでALL白!

女の子で多かったのはワンピースタイプのものでした。
そしてワンピースでも例えばスカートのプリーツになってるとか、ジッパーがデザインアクセントになっているだとか、全体が白くても目につくデザインがあると良いですよね。

素材にこだわって!

このように生地のテキスタイルで差を出してる方もシンプルなだけではないオシャレ感を感じさせてくれます。
生地に凹凸があると立体感が感じられますし、白地にシルバー・スパンコールなんてのもパーティーらしくて華やかです。

透け感も◎

シースルー素材とか光沢感のある素材はゴージャスな女性らしさを演出してくれますしセクシーですよね。

目立ちたいならコレ

さらに目立ちたい人にはこんなスタイルはいかがでしょう?
普段はほとんど着ないような露出の激しいコーデですが、SENSATIONみたいなパーティーにはもってこいかもしれません。
チャレンジしてみたら意外と解放感にハマってしまうかもしれませんよ!

これは気合十分すぎ・・・!?

twitterでは「SENSATIONに向けて気合ばっちりな自分とその友人です」のツイートとともにこんなコーデまでUPされていました。ここまで気合を入れて来る方はいないかも・・・!?注目を浴びること間違いなし!

SENSATION JAPAN 2015 コーデにアクセサリーを足してみて

参加者やスタッフが全員白ということで、他の人と差を付けたい方にはアクセサリー類などのアイテムが必須ではないでしょうか?

サングラスでアガる!

そんな時にお勧めなのが白いサングラス。色が白ですと暗い会場内でも目立ちます!
SENSATIONの会場で公式サングラスが販売されるかもしれませんので、ロゴが入ってると更にテンションがあがってしまう事確実!

ヘアアクセにもこだわって

このように頭に羽飾りなどのヘッドアクセサリーを付けたりブレスレットなどで着飾ってみるのも楽しそうですよね!
今日本で流行っている花冠を白い花で手作りしてみるのも良いかもしれません。

王道!光りモノアクセ

そして最後に最も目立ちそうなのが蛍光グッズを身に着けることです!暗いところで目立ちたかったら、もういっそ光っちゃうアイテムを付けてしまいましょう!SENSATIONはサイバーな空間ですので、光るアイテムも合いますよ。

SENSATION JAPAN 2015に参加して白コーデでキメよう!

今回はSENSATION名物の白コーデの参考スナップを紹介させていただきましたが、SENSATIONに参加したい方はぜひ参考にしてみてくださいね!チケットキャンプ(チケキャン)ではSENSATIONのチケットを取扱中です。日本初上陸となるSENSATIONで心の底から弾けて楽しみましょう。

SENSATION おすすめ記事

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。