バッタマンの振り付け&TRFコラボも話題の超特急の魅力!

スターダストプロモーションに所属し「ももクロの弟分」としても注目を集めるメインダンサー&バックボーカルグループの超特急

新人&若手のアーティスト集団「恵比寿学園男子部」、通称EBiDANから選抜された7人で構成されていて、特に彼らのアグレッシブでユニークなライブパフォーマンスには定評があります。

6/10(水)に両A面ニューシングル「スターダスト LOVE TRAIN / バッタマン」をリリースし、両曲それぞれを小室哲哉/ヒャダインという著名プロデューサーが手掛けたことでも話題になっています!

そこで今回は超特急の「バッタマン」にフィーチャーし、メンバーが語るその魅力やTRFとのコラボにも迫っていきたいと思います!そこから見えてくる超特急の魅力を感じてみてくださいね!

話題の超特急「バッタマン」PVをチェックしてみよう!

まずは面白いと話題になっている超特急「バッタマン」のPVをチェックしてみましょう!曲全体では「バッタモン」をテーマにしています。

ヒャダインこと前山田健一がプロデュースしているこの「バッタマン」、のっけから超ハイテンション&スピーディーでとにかく楽しい楽曲に仕上がっています。そのテンポの速さは超特急史上最速のBPM200だと言いますから驚きます。

「カンフーをテーマにしたPVではカラフルでそれぞれのテーマカラーの衣装を身に着けた超特急の皆さんが、ユニークな振り付けのダンスを見せてくれていますね!

全編を通してカンフーのリーダー役を務めるのは、プロデューサーであるヒャダインです。全体を通して非常にコミカルでストーリー性のあるPVになっていて見どころ満載ですし、見入ってしまうほど面白いですよね。また歌詞は全体を通してファンである8号車の皆様への想いが散りばめられています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。