名言連発!JUJUが挑んだ著名人との対談集!

唯一無二の美しい歌声で、あらゆるメディアから引っ張りだこのシンガー・JUJU

そんな彼女の魅力に迫るとき、私たちはその歌声に目・耳を奪われがちですが、彼女を知るうえで外せないのは、彼女が様々な人との対談で生み出す言葉の数々です。

彼女が語る言葉の一つ一つには、彼女が送ってきた波乱の人生によって得られた人生観などが詰まっており、それらを知って初めてJUJUを知るといっても過言ではありません。そこでここでは、そんなJUJUがこれまでに行ってきた著名人との対談から、印象的なトークの数々をご紹介していきたいと思います。

JUJUによる対談その1 松任谷正隆編

JUJU1 松任谷正隆
(出典:産経ニュース)

最初にご紹介するのは、先日、TOKYO FMにてオンエアされた松任谷正隆との対談です。

実はこの対談、それに先駆けて開催された松任谷正隆演出のライブを受けてのものだったのですが、このライブで、JUJUは長年尊敬していた松任谷由実と初共演を果たしました。JUJUはその瞬間を振り返り、「あんなに鳥肌の立ったライブはない!」と、感極まったステージだったことを明かしました。

JUJUらしさが感じられたのは、初顔合わせの時。松任谷夫妻との最初にミーティングの感想をこのように語ったのです。

「怖い先生の授業へ宿題を忘れて出席したような気分だった」
(引用:三菱UFJニコス presents 松任谷正隆 DEAR PARTNER 6月7日放送)

たしかにあの2人を前にしたら、そんな気持ちになるのはわからないでもないですよね…。

JUJUによる対談その2 小路幸也編

JUJU2 小路幸也
(出典:幻冬舎)

続いては、「東京バンドワゴン」シリーズが人気の作家・小路幸也との対談です。

実は互いにファン同士だったという2人による、ようやく実現した対談は、いきなりの本音トークで大盛り上がり。姉の勧めで小路作品に出会って以来、無類の活字中毒になった!など、とにかくJUJUの彼大好き度がさく裂。

また、そんなトークの中で、「実は人前で歌うのは苦手」という意外な一面もさらけ出したところ、小路から「ケルト地方には、JUJUのような森の妖精がいる」との話を受け、「私の前世、それです(笑)」と、彼女の前世が発覚してしまうという展開に…。

これこそが、彼女の楽曲を聴いているだけでは決して知ることのできなかったJUJUの一面といえますよね。まさか彼女の前世が、歌の大好きな森の妖精だったとは…、驚きです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。