甘利明氏がゲスの極み乙女。の替え歌を披露しファン衝撃!

男性2人と女性2人で構成されている4人組「ヒップホッププログレバンド」のゲス乙女こと「ゲスの極み乙女。」。

まずそのバンド名からしてインパクト抜群で一度聴いたら忘れられない響きですよね。それだけでなく高レベルな演奏に支えられる変則的なメロディやテンポ、ボーカル川島絵音のハイトーンで独特な歌声が見事に融合して中毒性の高い音楽を創りあげています。

一方今の政治シーンで話題になることも多いTPPの担当大臣や内閣府特命担当大臣を務め、日本の政治中枢に無くてはならない存在となっている甘利明氏。実は甘利氏がゲスの極み乙女。の替え歌を会見の場で披露し話題になっています!

甘利明氏とゲス乙・・・意外な組み合わせに驚いた方も多いかと思いますが、今回は甘利明氏がゲスの極み乙女。の替え歌を歌ったということに焦点を当てて、ファンの反応なども見ていきたいと思います!

甘利明氏、突然ゲスの極み乙女。の替え歌を歌い出し現場騒然!

経済再生相の甘利明氏が5/26(火)に閣議後の記者会見にて突然ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の替え歌を歌い、記者たちを驚かせました!

私~以外私じゃないの~ あたりまえだけどね だ・か・ら マイナンバーカード!
(引用:日刊ゲンダイ)

とリズムを付けつつ少し楽しそうな表情、かつ自信を持った声で歌いあげる甘利明氏に驚いたファンの方も多かったのではないでしょうか?

実はこれは来年1月から運用が開始される予定になっている「マイナンバー制度」をアピールする一環で、若者を中心に支持を集めるゲス乙女の人気に乗ってPRしたものです。なんだかいつも堅苦しいイメージの政治で、いつも渋い表情の甘利明氏に親近感を覚えたのは私だけではないはずです。

こういう形でのアピールは若い方々にマイナンバーを知ってもらう上で、意表をついた面白いやり方だと感心させられました。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。