清水翔太の夏に聴きたいオススメ曲をピックアップ!

2008年にリリースされたデビューアルバム「Umbrella」が大ヒットして以来、若い世代を中心に高い人気を誇るシンガソングライターの清水翔太

その情感豊かなメロディや泣ける歌詞に加えて、清水翔太の抜群の歌唱力が際立つ甘い声が響くラブソングを中心に、多くのファンを虜にしていますよね。

そんな清水翔太ですから知名度の高いシングル曲はもちろん、シングル曲以外でもファンの人気が高い名曲が数多くあります。

その中でも今回は清水翔太の「夏に聴きたい」オススメ曲をピックアップしてご紹介させていただきます。

清水翔太
(出典:ドワンゴジェイピー)

清水翔太の夏に聴きたいオススメ曲「love」

2011/6/29(水)にリリースされた清水翔太の10thシングル「love」。

人を愛する事とその痛みを爽やかに瑞々しく描いた夏らしさも感じさせる、清水翔太らしいラブソングとなっていますよね。

歌詞が直球というか素直でダイレクトなので聴きやすく、その情景がありありと伝わってきて共感してしまうファンの方が多いのではないでしょうか?清水翔太はこの曲に関して

“これは中学生くらいの子達に聴いて欲しいかも。僕もそのぐらいの時期を思い出しながら書いたんで。”
(引用:EMTG MUSIC)

と話していますが、恋愛における感覚というものは年を経ても若いころと同じ素直な気持ちを持っていたいですよね。

清水翔太の夏に聴きたいオススメ曲「さよならこの夏に」

2012/9/12(水)HYの名曲カバーとしてリリースされた14thシングル「366日」のカップリング曲「さよならこの夏に」。この楽曲の歌詞を見てみましょう。

“さよならこの夏に 2人の思い出をこのまま置いていこう かけがえのないもの 本当はまだ背負ったままこれからも 忘れないのだろう”
(引用:Uta-Net)

「さよならこの夏に」のタイトルが含まれるこの部分を見てみると、夏の終わりと恋の終わりを重ねたこの楽曲のテーマを見つけることが出来ますね。

爽やかでポップなメロディとこの切ない歌詞が融合している美しい楽曲に仕上がっています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。