EGO-WRAPPINのおすすめウェディングソング3選!

今年も夏の恒例行事、「Dance, Dance, Dance」を東京&大阪で開催するEGO-WRAPPIN’

どんなグルーヴを聞かせてくれるのか、今から体が踊りだすように動いて落ち着きません。

さてその夏の行事、EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX「Dance, Dance, Dance」でチェックしたい踊れる曲!ではなくて、もうすぐ6月ということもあるので、ウェディングソング厳選3曲ご紹介したいと思います。

EGO-WRAPPINのおすすめウェディングソングその1「A Love Song 」

「A Love Song 」。これを一番に挙げる人多いです。グッとくる美しいナンバー。ちょっと聴くと結婚式を盛り上げるような曲というイメージではないのですが、じっくり聞くとこんな神曲はないぞ!というくらいすばらしい楽曲です。

自分の気持ち、愛を伝えるときに、後ろに流れていたら素敵だな~と思える曲です。どちらかというとひとりでじっくり聴きたい曲ですが、みんなでお祝いの席でしっとり聴き入るのも、いいかもしれません。

オススメの歌詞はこの部分!

”I don’t care what you say, my baby
Love is stronger than pride
Cuz I’m so in love with you, honey
Let’s start smiling at the errors of our past
We are more than just lovers”

(引用:RxLyrics.com)

愛はプライドよりも強いから、あなたが何をいっても気にしない。愛しているから過去のことは笑って流せる、だってふたりは恋人以上の関係だから・・・と強い絆を感じる歌詞です。

EGO-WRAPPINのおすすめウェディングソングその2「byrd」

「byrd」です。こちらライブver.は沁みます・・・。言葉は少ないのですが、美しくて切ないナンバーです。その少ない言葉で紡がれる歌詞が本当に美しいのです。

さきほどご紹介した「A Love Song」もそうなのですが、一般的にウェディングソングとされているような曲調ではないのですが、その世界感、歌詞、すべてをしっかり知ると、これ以上のウェディングソングはないのではないかと思えます。これからの2人、2人の想いなどと重ねたら、あたたかい涙が自然と溢れ出てきちゃいます。

オススメの歌詞はこの部分!耳障りよく聴こえてくるのは英語の歌詞ですが、日本語訳でしっかりと意味を噛みしめましょう。美しい情景が目に浮かんできます。

”Little darlin’, keep me warm
(かわいいあなた わたしをあたためて)
when we will find pinkmoon floating on the sea
(海の上に浮かぶ桃色の月をみつけた時)
round and round
(それはぐるぐるまわってた)
Your kissin’ lights me up
(あなたのキスがわたしを照らし出し)
Your smilin’ lights me up
(あなたのほほえみがわたしを照らし出す)
Speaking with the pinkmoon only you can see
(あなただけに見える桃色の月とおしゃべりしたのよ) ”

(引用:RxLyrics.com)

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。