9mmメンバーの音楽のルーツや影響を与えたバンドとは?

2004年にデビューして以来、その少し古臭いようなダサいような独特のメロディでファンを沸かせているオルタナティブロックバンドの9mm Parabellum Bullet(キューミリ・パラベラム・バレット)

人間臭いロックなメロディの破壊力はもちろん、深みを感じさせる歌詞に惹かれているファンのかたも多いのではないでしょうか。

そんな彼らの最大の魅力は何と言っても弩級の迫力を体感できるライブパフォーマンス!ボーカルの声だけでなくギターやベース、ドラムの演奏のインパクトも全く負けていません!

今回は9mm Parabellum Bulletのメンバーの音楽のルーツ、そして影響を受けたバンドについてご紹介させていただきます!

9mm Parabellum Bullet「菅原卓郎」の音楽のルーツは、元RHCPジョン・フルシアンテ

透き通るような美しい声で9mm Parabellum Bulletの世界観を世に発信しているフロントマンの菅原卓郎。歌詞作成も主に彼が担当しています。

キューミリの個性を演出していると言えるのが菅原の声ではないでしょうか。その美しい歌声で他のロックバンドとは一線を画した楽曲となっていますよね。

そんな菅原はレッド・ホット・チリ・ペッパーズの元ギタリストでありボーカリストも務めていた「ジョン・フルシアンテ」の曲が大好きなんだそうです。レッチリ以上に彼のソロ曲がお好みの様子で、アルバムはほとんど持っているとか。またBUMP OF CHICKENもライブに何度も足を運ぶほどの大ファンなのはファンの間では有名ではないでしょうか。

また彼の描く世界観は菅原が「村上春樹」や「太宰治」などの本を愛読するという読書家ということで、言い回しやストーリー性が歌詞に大きく反映されています。村上春樹や太宰治などから影響を受けていることで、キューミリの「ダサかっこいい」「昭和くさい」という一種の特徴の形成を担っていると言えるでしょう。

9mm Parabellum Bullet「滝 善充」の音楽のルーツは、ハイスタやBRAHMAN

9mm Parabellum Bulletのほとんどの楽曲の作曲とギター&コーラスを担当している滝 善充。キューミリのあの独特なメロディを作り上げているのは滝なので、バンドの根幹を支えているキューミリの世界観を演出しているのは彼と言えるのではないでしょうか。

彼の超絶ギターテクは業界内でも有名で、特に楽曲内で聴かせてくれる滝善充の「ギターソロ」は聴くものを圧倒します。そしてライブパフォーマンスで魅せてくれる超アクティブなギターパフォーマンスもキューミリを語る上では外すことが出来ない一つの要素となっています。

そんな滝の青春ソングはハードコア全盛期で「Hi-STANDARD」や「eastern youth」、「ヌンチャク」、洋楽では「BAD RELIGION」だったそうです。特にギターテクに関してはハイスタの横山健やイースタンの横山寿、Qomolangma Tomatoの小倉直也に影響されています。

またあのステージ上でのギターパフォーマンスについては「BRAHMAN」や「AT THE DRIVE-IN」からも影響を受けているそうで、ライブパフォーマンスについて滝は

高校の頃からバンドをやっていて、当時からライヴではできるだけ暴れてやろうと思ってました。
(出典:Rooftop)

とコメントしています。確かに大暴れしてますよね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。