Fear, and Loathing in Las Vegasのアニメタイアップが激アツ!

2010年にメジャーデビューを果たし、疾走感溢れるエネルギッシュでダンサブルな楽曲を発表し続けているロックバンド、Fear, and Loathing in Las Vegas(フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス)

ロック・メタル・エモ・パンク・スクリーモやダンスミュージックも織り交ぜながらエフェクトをかけたオートチューンボーカル、トランスの要素を取り入れたシンセサイザーを駆使したサウンドが特徴です。

彼らの楽曲はアニメとの親和性が高く、様々なアニメ作品とのタイアップを果たしており、その影響もあって爆発的にファンが増えつつある今最も注目するべきバンドと言えるでしょう。

そこで今回はアニメとタイアップを果たしたFear, and Loathing in Las Vegasの楽曲に焦点を当てて、その魅力についてご紹介させていただきます!

Fear, and Loathing in Las Vegasのアニメタイアップ曲その1「Chase the Light!」

2011/7/13(水)に発売されたFear, and Loathing in Las Vegasのミニアルバム「NEXTREME」に収録されている「Chase the Light!」。

大人気コミックのアニメ版「逆境無頼カイジ 破戒録篇」のオープニングテーマとして抜擢され、この曲がFear, and Loathing in Las Vegasのアニメタイアップ曲としては初の記念すべき楽曲となりました。

イントロ部分のピコピコしたゲームのようなサウンドが特徴的で他曲でも散見されます。これは「ピコリーモ」や「エレクトリーモ」と呼ばれる由縁となっています。

また楽曲中のシャウトやデスボイスのツインボーカルもFear, and Loathing in Las Vegasの特徴で、混沌としたカイジの世界観を感じさせる曲に仕上がっていますよね。

Fear, and Loathing in Las Vegasのアニメタイアップ曲その2「Just Awake」

2012/1/11(水)に発売された2ndシングルの「Just Awake」は大人気のアニメ「HUNTER×HUNTER」のエンディングテーマに起用されました。

ご覧頂いている動画はEnglishver.のものですが、2012/8/8(水)に発売された2ndアルバム「All That We Have Now」には日本語ver.が収録されています。日本だけでなく海外でも思いが伝わって欲しいという意向から、最初から2種類のバージョンで曲作りをしています。

タイトルとなっている「Just Awake」は目覚めよ!や目覚めたという意味になりますがHUNTER×HUNTERの世界観と合致していますし、この疾走感溢れるエネルギッシュな感じも作品から感じる躍動感、また戦いというストーリーにマッチしていますね。

HUNTER×HUNTERは非常に人気の高い有名な作品ですので、Fear, and Loathing in Las Vegasの名を全国に知られるキッカケとなったと言えるのではないでしょうか。実際この後から更に人気が高まってきます。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。