10周年を迎えるSPYAIRの輝かしい軌跡&ライブ情報

2005年に結成され、着実にその人気を上昇させてきたIKE、UZI、MOMIKEN、KENTAの4人からなるロックバンドSPYAIR

疾走感溢れるロック、歌詞が心に染み渡るバラードなど様々なタイプの楽曲を発表し、アニメ「銀魂」や「ハイキュー」のテーマソングを務めるなどアニメとの親和性が高く、知名度がさらに上昇中のSPYAIRは今年の6月で結成10周年を迎えます。

そんなSPYAIRが8/8(土)に富士急ハイランド・コニファーフォレストにて1万人規模の単独野外ライブJUST LIKE THIS 2015を開催する事が決定しました!記念すべきライブにファンなら行かない手はありませんね!

そこで今回はそんなSPYAIRが歩んできた10年間の軌跡、またライブ情報についても詳しくご紹介させて頂きたいと思います!

SPYAIR,10周年
(出典:Girls Channel)

SPYAIR 10周年までの軌跡:結成からメジャーデビューまでの5年間

SPYAIR,10周年2
(出典:うたまっぷ)

2005年の6月にIKE、KENTA、MOMIKENが高校時代から続けていたバンドを解散し、UZが加わる形でスタートしたSPYAIR。

2006年には名古屋中心部にある栄公園を拠点としてストリートライブを続け、着実に地元でのファンを増やしていきました。この頃はストリートライブ中心の活動だったので、SPYAIRの皆さんは今でも野外ライブを大切にしていますよね。

2010/6/27(日)に開催された100回目にしてインディーズ最後のストリートライブ「野外ライヴFINAL」では延べ2,000人のファンの前で結成から5年間の感謝を述べ、SPYAIRの原点となるストリートライブへの想いを込めた曲「Just Like This」を披露しました。

Just Like Thisはこの日をきっかけにして、SPYAIRの野外ライブに使われるタイトルになりました。彼らの想い、彼らの原点が詰まっているのが「Just Like This」ということが言えるでしょう。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。