心に刺さる!BUMP藤原基央の深い名言をまとめてみた

2000年のメジャーデビュー以来「天体観測」や「グッドラック」など多数のヒット曲を生み出し、若者を中心に絶大な支持を得ているロックバンドBUMP OF CHICKEN

BUMPはボーカルの藤原基央の高い作詞作曲のセンス、特にその独特な詩のような深い歌詞はファンのみならず多数の音楽関係者に評価されています。またそこに圧倒的な世界観を演出するサウンドが融合して、私達の心に響きます。

そこで今回はBUMPのボーカルでその詩的な世界を演出する藤原基央の心に刺さる名言を集めてご紹介させていただきます!

藤原基央の名言その1:夢を追い続ける人へのエール

“素晴らしい夢ほど笑われるものです。もし他人に自分の夢を笑われたら「あぁ、自分の夢は素晴らしいのだ」と誇って下さい。”

(引用:Fesh)

皆さん誰もが大なり小なりの夢を抱いていると思いますが、この藤原基央の言葉は夢を追う方々へのエールであり大きな勇気になるのではないでしょうか。

BUMP OF CHICKENのフロントマンである藤原基央も現在は大成功を収めていますが、かつては「他人に夢を笑われた」なんていう経験があったのかもしれません。夢を追って夢を成し遂げた藤原基央が言うと重みがありますよね。

大きく壮大な夢を持っている方ほど自分の想いを信じて強くいなければならないのだということを痛感させられる名言だと思います。

藤原基央の名言その2:自分が自分のスーパースターになる

“自分がなればいいんじゃないッスか、自分にとってね。そう思えないヤツはずっと誰かの真似になっちゃうんじゃないかな。”

(引用:NAVERまとめ)

これはインタビュアーから音楽にスーパースターは必要?という質問への回答ですが、藤原基央かっこよすぎますね!

この言葉はいつもオンリーワンな存在である藤原基央だからこそ言える言葉ではないでしょうか。

憧れの人を追いかけるのは決して悪いことではありませんが、その憧れの誰かをいつかは乗り越えてやるくらいの気概を持って生きていきたいという気持ちにさせてもらえます。それとともに「頑張るぞ!」というバイタリティも生み出してくれますよね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。