槇原敬之にカバーで歌って欲しい曲〜女性アーティスト編〜

槇原敬之1
(出典:OK MUSIC)

1990年にデビューしシングル曲「どんなときも」や「もう恋なんてしない」などの数々の名曲で大きな支持を得てきた、日本を代表するシンガーソングライターの槇原敬之。ファンからはマッキーと親しみをもって呼ばれています。

彼の創りだす優しい歌詞やメロディラインは老若男女問わず幅広い年代層の心を掴んでいますし、独特の声で情感豊かに伝わる歌唱法も彼の歌の魅力を最大限に感じることができますよね。

マッキーは作詞作曲を自らが行い、作曲よりも先に作詞を行うことで知られています。なので彼の創りだす歌詞は美しく心に響くものがとっても多いですよね。そんなところもマッキーの大きな魅力となっています。今回は槇原敬之の高い声を活かせる女性アーティストのカバーで、槇原敬之に歌って欲しい曲をご紹介させていただきます。

槇原敬之に歌って欲しい曲その1:ハナミズキ(一青窈)


(出典:YouTube)

2004/2/11(火)にリリースされた一青窈の代表曲であり珠玉の名曲「ハナミズキ」

発売されてから10年以上経った現在でも非常に人気が高い曲で、ウェディングソングとしても定着していますよね。

この楽曲は一青窈の作詞作曲ですが心に響く感動的な歌詞に優しく壮大なメロディがグッとくる曲に仕上がっていて、槇原敬之と通じる部分もあることからきっと彼なら美しく歌ってくれるのではないかと思います。マッキーのファンの間でもカバーを熱望する声が多い楽曲ですので、ぜひマッキーの声でこのハナミズキを聴いてみたいですよね。

槇原敬之に歌って欲しい曲その2:雪の華(中島美嘉)


(出典:YouTube)

2003/10/1(水)にリリースされた中島美嘉の大ヒット曲「雪の華」。

この曲も発売から10年以上経ちますが現在でも高い人気を誇る楽曲で、音楽番組の「冬の名曲ランキング」には必ず登場する冬にはお馴染みのラブソングですよね。

中島美嘉の繊細で透き通った声が心に染みわたる素敵な曲ですがGacktや徳永英明など国内アーティストによるカバーの他Marty Friedmanによってギターカバーもされているなど海外のアーティストにまで大きな影響を与えています。これだけの美しい曲ですからぜひマッキーにもカバーして欲しいと思うファンは多いのではないでしょうか。きっとマッキーの美声でまた新しい雪の華を聴かせてくれるはずです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。