リンク栃木ブレックスは、2015年4月に設立されたB.LEAGUEの1部東地区に所属するバスケットボールチームだ。宇都宮市をホームタウンにし、2007-08シーズンからJBL2部に参戦し優勝すると、翌年からJBLに昇格。2009-10シーズンにはJBLファイナルに進出し初優勝に輝いた。チーム名「ブレックス」は、BREAK THROUGH(現状を打破する)とラテン語で「王者」を意味するREXをミックスしたもの。日本人初のNBAプレーヤー・田臥勇太(PG)がチームの要となり、個々のプレイヤーが最大限のプレーをやり抜くことをモットーとする「TO THE MAX」をチームスローガンに掲げ、B.LEAGUE初代チャンピオンを目指す。3ポイントシュートを得意とする身長195センチのマスコットキャラクター「ブレッキー」とブースターに絶大な人気を誇るチアリーダー・BREXY(ブレクシー)がリーグ制覇を後押しする。

リンク栃木ブレックスの日程

95人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

リンク栃木ブレックスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 18:00更新)

リンク栃木ブレックスについて

B.LEAGUE初代チャンピオンを目指す!リンク栃木ブレックスの魅力とは

2005年にbjリーグが発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグとJBL(2013年からNBLに改編)の2リーグが併存する状態が続いていた。国際バスケットボール連盟 からの強い要望を受け、川淵三郎をチェアマンとした「JAPAN 2024 TASKFORCE」の主導の下、2015年4月、長年の課題だった統一プロリーグ・JPBLが設立された。JPBLは通称「B.LEAGUE」と呼ばれ、1部(18チーム)、2部(18チーム)、3部(9チーム)の階層に分かれ、1部と2部は東・中・西地区に分かれてリーグ戦とチャンピオンシップを争う。

B.LEAGUEの1部東地区に所属するリンク栃木ブレックスは、2007-08シーズンからJBL2部に参入し初シーズン初優勝を飾る。翌年にはJBL昇格し、アメリカから帰国した田臥勇太(PG)が入団、ファンを歓喜させた。2009-10シーズンは目標だった日本一を達成し、チームの中心として大活躍した田臥勇太がMVPに選ばれた。チアリーダー・BREXY(ブレクシー)とともにチームを盛り上げるのは、アメリカインディアナ州出身の身長195センチのマスコットキャラクター「ブレッキー」。元気一杯のパフォーマンスは子供に大人気を得ている。
キャリアと実力を持つジェフ・ギブス(PF)、竹内公輔(PF)、落合知也(F/C)を新たに獲得し、B.LEAGUE初代チャンピオンを目指すリンク栃木ブレックスのプレーから目が離せない。

リンク栃木ブレックスが好きな方はこんなチケットもおすすめ