リアム・ギャラガーは、ブリットポップ・ムーブメントの代表的バンド・オアシスのフロントマンとしてその奔放な言動とともに常に脚光を浴びてきたミュージシャンだ。1994年のデビュー・アルバム「Definitely Maybe」は、オーセンティックなブリティッシュ・ロックの系譜に連なるポップな楽曲と荒々しく骨太のサウンドで爆発的な人気を呼び、全英チャート1位を記録する。オアシス解散後の2010年からは、新たにビーディ・アイを結成し、サマーソニックやフジロック・フェスティバルに出演するなど、日本でも多くのファンを獲得した。2014年のビーディ・アイ解散後は、表立った音楽活動を行っていなかったが、いよいよ2017年からソロ活動を本格的に開始する。稀代のロックシンガー、リアム・ギャラガーのライブパフォーマンスを楽しんでほしい。

リアムギャラガーの日程

243人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

リアムギャラガーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

リアムギャラガーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 00:00更新)

リアム・ギャラガーについて

リアム・ギャラガーの魅力とは

1990年代のUKロックシーンを席捲したオアシスのリード・ボーカリストとして活躍したリアム・ギャラガーは、自ら「魂の解放」と喩える上半身をのけ反らせながら歌う独特のスタイルが印象的なロックシンガーだ。実兄ノエル・ギャラガーとともにオアシスの中心メンバーとして、1990年代のブリットポップ・ムーブメントを牽引し、「Don’t look back in anger」「Wonderwall」「Whatever」「Live forever」など数多くの名曲を生み出した。

ギャラガー兄弟は、エキセントリックな言動と喧嘩の早さでも知られ、その兄弟喧嘩が原因で2009年にノエルがバンドを脱退し、オアシスは実質上解散状態になる。リアムは、残されたメンバーたちとともにバンド名をビーディ・アイに改名し、活動を再開。1stアルバム「Different Gear, Still Speeding」が全英チャート3位、日本のオリコン週間チャートでも5位を記録するなど、世界的な人気を集めた。2011年に発生した東日本大震災時には、リアムの呼びかけで被災地復興支援ライブ「JAPAN DISASTER BENEFIT」が開催され、大反響を呼んだ。テレビCMなどでもお馴染みの、リアム・ギャラガーの魂を揺さぶる歌声を聴いてほしい。

リアムギャラガーが好きな方はこんなチケットもおすすめ