ラフォルジュルネオジャポンとは、東京で開催されるクラシックを中心にした音楽祭である。2005年の開催以降毎年ゴールデンウィーク期間に催され大盛況を博した。2008年からは東京以外の地でも開催されている。本音楽祭のテーマとして一流のクラシックを低価格で楽しむとされ、年齢性別問わず幅広い層にクラシックを楽しんでもらうのを目的としている。そのため一般的なクラシックの公演では入場制限がかかるところ、この音楽祭では制限がない。初心者から上級者まで楽しむことができ、公演も入場無料のものと有料のものが用意されているため好みで選ぶことができる。クラシックの演奏以外にもさまざまな楽しみがあるのが本公演の特徴であり、展示会やワークショップなどを取り入れることでより幅広くの層を取り込むことに成功している。2007年には100万人を超える観客を動員した。

ラフォルジュルネオジャポンの日程

189人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ラフォルジュルネオジャポンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ラフォルジュルネオジャポンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/23 00:00更新)

ラフォルジュルネオジャポンについて

ラフォルジュルネオジャポンの魅力とは

ラフォルジュルネオジャポンは、毎年東京でおこなわれるクラシック音楽祭。2005年の初開催を機に人気を博し、その後地方での開催も行われるなど大きな音楽祭の一つとなる。元となるのはフランスでおこなわれている音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」。日本同様クラシックを中心にした音楽祭であり初開催は1995年となる。

「ラ・フォル・ジュルネ」またの名を「熱狂の一日」と言い、日本でも「熱狂の日」音楽祭と副題が付いている。上級者はもちろん初心者も楽しむことができるとされ、プロの演奏家はもちろんのこと無料公演ではアマチュアの演奏家が中心となる。その演目は幅広く、子供のためのイベントや演奏者のためのマスタークラスなどがある。さらには物販や屋台に映画の上映までと盛りだくさんの内容が魅力的だ。

海外からの演奏家も多数来日するのも特徴の一つとされているが、東日本大震災による福島第一原子力発電所の影響で来日がなくなるというアクシデントもあった。1995年のフランスでの開催を企画したのはルネ・マルタンという音楽プロデューサー。自身の故郷であるフランスナントでの開催が成功すると、その後スペイン、ポーランドそして日本と各国で同音楽祭を開催。東京公演は今では一大音楽祭にまで成長した。

ラフォルジュルネオジャポンが好きな方はこんなチケットもおすすめ