LEZARDは、ヴィジュアル系バンドである。2013年リーダーでギターの公佑、 ベースのTACCが前バンドの解散に伴い 、ボーカルの来夢、ドラムのnatsumeと共に「音楽の絆」をコンセプトにしLEZARDは結成された。リーダーの公佑は持論として「バンドを引っ張っていくのはリーダーの仕事、バンドとしてファンを引っ張っていくのはヴォーカルの仕事」と考えていて、公佑とTACCはその当時九州で活動していた来夢を適正だと思い足しげく通い口説いていたそうだ。2016年音楽の方向性の相違ということもあり、来夢がLEZARDを脱退し、後任はソラが新しいボーカルとして新生LEZARDが再出発した。今中高生に大人気の彼らの魅力、ぜひライブで味わっていただきたい。

LEZARD(リザード)の日程

135人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

LEZARDのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/20 06:00更新)

LEZARDについて

LEZARDの魅力とは

LEZARDは、女子中高生を中心に注目されているヴィジュアル系バンドである。ヴィジュアル系とはいってもLEZARDは「カラフル・ポップ・可愛い・ポジティブ」といった、今までの概念を覆すバンド。これまでヴィジュアル系が苦手だったという方にもなじみやすい楽曲になっている。今現在のメンバーはリーダーでギターの公佑、 ベースのTACC 、ボーカルのソラ、ドラムのnatsumeの4人である。2016年6月にボーカルだった来夢が脱退し、2017年1月までの7ヵ月間はボーカル不在の3人だけでコツコツと活動を続けてきた。

ライブも2013年から東京はもちろん、名古屋、大阪など積極的におこなっており、今ではワンマンライブで全国を飛び回っている。もちろんチケットもソールドアウトすることも多々。また、プロフィールに誕生日が明記されているが、毎年お誕生日会を兼ねてのBirthdayライブも開催されている。やはりヴィジュアル系バンドといえばライブが醍醐味だ。ヴィジュアル系のライブでよく見られるのがファンが楽曲に合わせたフリだが、LEZARDももちろんある。しかし他のバンドと違うのは、バンド主導でフリを作っているという点。オフィシャルホームページに動画としてアップされているので要チェックだ。これで、ライブが2倍、いや3倍楽しめること間違いないだろう。

LEZARD(リザード)が好きな方はこんなチケットもおすすめ