Leyonaは、広島県三原市出身の女性シンガーソングライターだ。高校卒業と同時に上京。LOVE69’sでヴォーカルを担当し、歌唱力と表現力が高い評価を受ける。1999年に仲井戸麗市プロデュースによるシングル「オレンジ」でデビュー。2001年にははっぴいえんどの名曲「風をあつめて」のカバーバージョンを発表し、東レのCMに起用された。リスペクトするジャニス・ジョプリンの影響を受けたソウルフルでブルージーな歌声は聴く者の魂を揺さぶる。2016年8月には6年ぶりのアルバム「わすれちゃうよ」をリリースするとともに発売を記念してワンマンライブを開催する。LeyonaのOne&Onlyな歌声が醸し出す世界観をぜひ感じてほしい。

Leyona(レヨナ)の日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Leyonaについて

Leyonaの魅力とは

シンガーソングライターのLeyonaは、ソウルやレゲエ、ブルースなどを音楽的バックボーンに持ち、深みのあるナチュラルな歌声で独自の世界観を表現している。福山雅治主演の月9ドラマ「ラヴソング」の挿入歌に起用されたLeyona歌唱によるアメリカのトラディショナルソング「500マイル」は、彼女の深く透き通った歌声と忌野清志郎の日本語訳とがマッチし、情感溢れる調べとなり話題となった。1999年にシングル「オレンジ」でデビュー後、「travelin’ man」などのオリジナル曲を制作するほか、様々なミュージシャンたちとコラボレーションを精力的に行ってきた。2009年には、デビューしてから10年間にわたる音楽活動で出会った敬愛するアーティストたちの曲をカバーしたリスペクト・カバーアルバム「MUSICISMAGIC」を発表し話題となった。
2016年8月に新アルバム「わすれちゃうよ」の発売を記念してワンマンライブを開催する。1970年代を感じさせる米国南部のルーツ・ミュージック系のサウンドと現代風ソウルやレゲエ感覚が上手く融合したLeyonaワールドに身も心も浸ってほしい。

Leyona(レヨナ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ