LEO今井は、日本人の父とスウェーデン人の母を持つニューウェーブ・シンガーソングライターだ。小学生の頃にロンドンに移り、海外での生活を経て、2006年から日本で音楽活動を開始する。2007年にシングル「Blue Technique」でメジャーデビュー。オルタナティヴ、ニューウェイブ、プログレッシブ、エレクトロなどの要素を融合させた独特のサウンドが注目を集める。2008年には1stアルバム「Fix Neon」を発表。英語と日本語が交差する歌詞の世界観やZAZEN BOYSの向井秀徳(Gt.)、吉田一郎(Ba.)が参加したことなどでも話題となった。ソロ活動と並行して、向井秀徳とのユニットKIMONOSや高橋幸宏を中心とするスーパーグループMETAFIVEでも活躍している。

LEO今井の日程

83人が登録中

あと8日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

LEO今井のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/18 00:00更新)

LEO今井について

LEO今井の魅力とは

スウェーデンと日本にルーツを持つシンガーソングライターLEO今井は、VISITORというアイデンティティを抱えながら無国籍的な都市の日常を切り取る新世代のアーティストだ。オルタナティブをベースにロック、ニューウェイブ、プログレッシブ、エレクトロなど様々な要素が融合したサウンドと独特の世界観に彩られたリリックが熱い注目を集めている。

2007年にシングル「Blue Technique」でメジャーデビュー。同曲がテレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」のエンディングテーマに抜擢される。ソロ活動を展開する一方、2010年にZAZEN BOYSのフロントマン向井秀徳とユニットKIMONOSを結成し、アルバム「Kimonos」を発表。ドラムマシンやシンセを駆使した和洋混交の無国籍的なサウンドを披露し大きな話題となった。

2013年に発表したオリジナルアルバム「Made From Nothing」では、コンポーザー&サウンドクリエイター&ヴォーカリストとしての才能を如何なく発揮。2017年にはテレビ東京系ホラードラマ「デッドストック〜未知への挑戦〜」の劇伴音楽を担当。マルチアーティストとして更なる飛躍を目指している。

LEO今井が好きな方はこんなチケットもおすすめ