「レゴバットマンザムービー」はDCコミックスのアメリカンコミック「バットマン」を原作としたCGアニメーション映画だ。世界的に有名なおもちゃ・レゴブロックで構築された世界で、登場キャラクター、背景まで全てがレゴで作られている。本作はこのレゴの母国であるデンマークとアメリカによる合作。バットマンの声を演じるのは「アイス・エイジ2」、「レミーのおいしいレストラン」、そしてクエンティン・タランティーノ監督の「プラネット・テラー in グラインドハウス」で声の出演をしているウィル・アーネット。その他にも豪華声優陣が名を連ねており、日本語吹き替え版にも実力派が揃っている。

レゴニンジャゴーの日程

15人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

レゴムービーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

レゴムービーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/19 18:00更新)

レゴバットマンザムービーについて

レゴバットマンザムービーの魅力とは

世界一有名と言っても過言ではないおもちゃのレゴブロック。同シリーズはこれまでに「スター・ウォーズ」、「インディー・ジョーンズ」、「ハリー・ポッター」、「ジュラシックパーク」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」などとコラボしたゲームを発売しており、2014年には「くもりときどきミートボール」のフィル・ロード、クリストファー・ミラー監督により「LEGO ムービー」が公開。世界的に大ヒットを記録し、第80回ニューヨーク映画批評家協会賞 アニメ映画賞を始め数多くの賞を受賞している。

そして続編として公開される「レゴバットマンザムービー」。監督は前作の編集を手掛けたクリス・マッケイが抜擢。バットマンの声を演じるのは「アイス・エイジ2」、「レミーのおいしいレストラン」で声の出演をしているウィル・アーネット。ジョーカー役には「ハング・オーバー」の大ヒットで一躍大ブレイクしたコメディアン ザック・ガリフィアナキス。ロビン役には「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」で強烈な印象を見せ付けたマイケル・セラ。バットガール役には「Justice League: Throne of Atlantis」でワンダーウーマンの声を演じているロザリオ・ドーソンが抜擢されている。

レゴニンジャゴーが好きな方はこんなチケットもおすすめ