イ・ヒョリは、1998年に女性アイドル4人組グループ“ピンクル”のメンバーとして、アルバム「Fine killing liverty」で韓国デビュー。ピンクルは当時国民的アイドルグループといわれるほど人気を得ていた。 2003年に、アルバム「STYLISH..E hyolee」でソロデビュー。同アルバム収録のタイトル曲「10 Minutes」で、セクシーで挑発的なスタイルとダンスで爆発的に人気が上がり、この年の様々な賞を獲得。これ以降、若い女性のカリスマ的存在になる。その後、発売するアルバムも注目され、国民的女性アーティストの地位を築いた。また、2005年にはドラマに出演したり、バラエティ番組でも裏表のないキャラクターで大衆に好まれた。2013年5月に約3年ぶりにアルバム「MONOCHROME」を発売。変わらない美貌とダンスを披露。