ケイコ リー(KEIKO LEE)は、愛知県出身の歌手、ジャズピアニストである。21歳でピアノを独学で勉強し、ホテルのラウンジや名古屋のクラブなどで伴奏を務めプロとして活動。その後、周囲の勧めもあり、徐々にボーカリストへと転向していった。1995年にアルバム「IMAGINE」でデビューを果たすと、そのハスキーボイスと圧倒的な歌唱力で、「楽器と渡り合える歌声」と評され好評を博した。様々なメディアでも絶賛されると、2001年に日産ステージアのコマーシャルに起用されたクイーン(QUEEN)の名曲「We Will Rock You」のカバーで一躍脚光を浴びた。現在もブルーノートやコットンクラブなどでライブを開催し、名古屋ZIP-FM「LACHIC CENTURY SESSION」へ出演するなど精力的に活動している。

ケイコ リー(KEIKO LEE)の日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ケイコ リー(KEIKO LEE)について

ケイコ リーの魅力とは

愛知県出身の歌手、ジャズピアニスト ケイコ リー(KEIKO LEE)。1995年にアルバム「IMAGINE」でデビューを果たし、その後もテレビや雑誌など様々なメディアから絶賛されている。
2001年に放送された、日産ステージアのコマーシャルでQUEENの名曲「We Will Rock You」のカバーソングが起用された際には一躍注目を集めた。

2002年にはアルバム「Voices」をリリースし、これがジャズアルバムとしては異例の25万枚を記録する大ヒットとなった。
2003年のスウィングジャーナル誌の人気投票では「女性ヴォーカル部門」、「ジャズメン・オブ・ザ・イヤー」、「アルバム・オブ・ザ・イヤー」で見事三冠を獲得し、日本のジャズシーンにおいて欠かせない存在となっていった。

2005年にはデビュー10周年を記念し、ベスト盤となる「Voices Again」をリリース。翌2006年に「Live at ""BASIE"" with Hank Jones」でスイングジャーナル誌の「日本ジャズ賞」を獲得した。ジャズピアニスト出身を活かした弾き語りや、人気アーティストとのコラボ、洋楽のカバーなど様々なジャンルへ挑戦し、根強い人気を誇っている。

ケイコ リー(KEIKO LEE)が好きな方はこんなチケットもおすすめ