企画・制作会社であるる・ひまわりによって制作される数々の舞台は、若手、実力派俳優による本格舞台が味わえる。る・ひまわりの主催で毎年年末に行われる“祭”シリーズが、明治座で開催される。「晦日明治座納め・る祭~あんまり歌うと攻められちゃうよ~」は、その名の通り年末年始に恒例として上演されている舞台で、第一部はお芝居、第二部はショーで構成された、晦日にお芝居納めとして見るにふさわしいお祭り騒ぎだ。脚本は赤澤ムック、演出は板垣恭一。「晦日明治座納め・る祭」の第一部「将の器~泣くよウグイスHEY!HEY!HEY!」は1200年前の京都と東北を舞台に、朝廷の坂上田村麻呂と蝦夷の阿弖流為の戦いを描く歴史ファンタジー。三上真史、大山真志のW主演。第二部は「もののけでショー」と題し、なまはげ、東北訛り、蝦夷、アラハバキなどをモチーフにしたこの公演だけのユニットが繰り広げる楽しいショー作品だ。さらに12月31日には、カウントダウンイベント「年越RUN舞(としこしらんぶ)で☆るンバ~走ったり、踊ったり、しゃべったり~」も実施。第二部「もののけでショー」に登場するユニットとともに賑やかな年越しを楽しめそうだ。2月公演「僕のリヴァ・る」もぜひとも鑑賞したい。

る・ひまわりの日程

498人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

る・ひまわりのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

る・ひまわりについて

企画制作会社のる・ひまわりは、毎度実力派俳優を揃えた舞台を公演している。年末に明治座で上演される「晦日明治座納め・る祭~あんまり歌うと攻められちゃうよ~」は、第一部はお芝居、第二部はショーで構成された、晦日にお芝居納めとして見るにふさわしいお祭り騒ぎの作品だ。「晦日明治座納め・る祭」の脚本は赤澤ムック、演出は板垣恭一が務める。「晦日明治座納め・る祭」の第一部「将の器~泣くよウグイスHEY!HEY!HEY!」は1200年前の京都と東北を舞台にした歴史ファンタジー。蝦夷討伐を命じられた坂上田村麻呂と蝦夷のリーダー阿弖流為の戦いを描く。田村麻呂を演じる三上真史、阿弖流為を演じる大山真志のW主演。その他にも、元宝塚トップスター高嶺ふぶきを始め魅力的なキャストが集結した。第二部は「もののけでショー」と題した、この公演だけのユニットが繰り広げる楽しいショー作品だ。3人とナマハゲ1人によるバンドユニット「KYO NO HAJIMARI」、東北訛りのアイドル「りんごMEN's」、アラハバキへの愛が止まらな「A★RA★HABAKI♡」、蝦夷を応援するバレーが得意な「EMISHIじゃん!風」など出演ユニットもユニークだ。まさに、「晦日明治座納め・る祭」は年末年始の観劇納めにうってつけの作品だ。

そのほか、12月31日(木)には、「年越RUN舞(としこしらんぶ)で☆るンバ~走ったり、踊ったり、しゃべったり~」と称したカウントダウンイベントが開催されたり、兄弟を題材にした「僕のリヴァ・る」では安西慎太郎、小林且弥、山下裕子、鈴木拡樹などのキャストが揃う注目の舞台が予定されている。る・ひまわりが作り出す作品の空気を感じよう。

る・ひまわりが好きな方はこんなチケットもおすすめ