Laurence Kayalehは正統派ヴァイオリン奏法を継承する世界を代表するヴァイオリニストである。才能に裏打ちされる完璧なテクニックと表現力で世界中で高評価を獲得し、これまでにトーン・ハレ管弦楽団、ロシア国立交響楽団、ワシントン・ナショナル交響楽団、モントリオール交響楽団、クリーブランド管弦楽団など名だたるオーケストラと共演。またC.デュトワ、G.ノヴァク、M.トゥルノフスキー、M.ヴェンツァゴ、L.スラトキンなど数多くの指揮者と共演を果たしている。ロシアのボリショイ劇場やチャイコフスキーホール、フランスのシャトレ劇場、サル・プレイエルなど世界の主要でも演奏の実績を持っており、Laurence Kayalehは日本でも人気の高いヴァイオリニストである。

Laurence Kayalehの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Laurence Kayalehについて

Laurence Kayalehの魅力とは

Laurence Kayalehは世界でも屈指の表現力と技術力を兼ね備えたヴァイオリニストである。これまでにボリショイ劇場やシャトレ劇場など名だたるホールで演奏。日本でも三重文化会館大ホールにて演奏しており、ケルン放送交響楽団首席指揮者や読売日本交響楽団常任指揮者などを歴任した若杉 弘とも共演した。メトネルの45分を超えるヴァイオリンソナタを収録した「Medtner: Complete Works for Violin & Piano Vol.1 -Violin Sonata No.3 Op.57""Epica"", 3 Nocturnes Op.16, etc」や1742年製のグァルネリを使用した妙技が絶賛された「Honegger: Complete Violin Sonatas」、2015年カナダ録音の「G.Catoire: Complete Works for Violin and Piano」など録音の数々も大変に評価の高いLaurence Kayaleh。

2017年には待望の来日コンサートが決定。これまで1度も実現しなかった日本初となる単独コンサートということでファンの期待が寄せられている。ピアノは菊地裕介が担当し、シマノフスキ「ヴァイオリンソナタ」フォーレ「ヴァイオリンソナタ第2番」、フランク「ヴァイオリンソナタ」を演奏する。

Laurence Kayalehが好きな方はこんなチケットもおすすめ