ラ・マンチャの男』は、原作:セルバンテスの有名小説「ドン・キホーテ」をモチーフにして、原作者セルバンテスの虚実を交えて描かれた、ブロードウェイ・ミュージカルである。脚本:デイル・ワッサーマン、音楽:ミッチ・リーで、1965年に初演の幕が開いた。その後、5年6か月のロングラン大ヒット作となり、当時、最もチケットが取り難い舞台としても有名だった。日本での『ラ・マンチャの男』初演は1969年、九代目松本幸四郎が、27歳の時に主演としてキャスティング。以来、今日まで40年以上に渡り、九代目松本幸四郎がドン・キホーテとミゲル・デ・セルバンテスの一人二役を演じ続けている。ミュージカル作品において、彼のライフワークとなっている代表作なのだ。

ラマンチャの男の日程

65人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ラマンチャの男の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ラマンチャの男のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 00:00更新)

ラマンチャの男について

ラマンチャの男の魅力とは

公演回数も、実に1200回を超えた今なお、人々から愛され続けている。『ラ・マンチャの男』の魅力は、松本幸四郎の役者力もさることながら、劇中劇を織り込み、虚実交えた多重構成されたドラマティックなストーリー展開と、楽曲の美しさにもあるだろう。テーマ曲の「見果てぬ夢」は、世界的にも有名だ。物語は中世のスペイン、セルバンデスは投獄された牢獄で、「ドン・キホーテ」の脚本を暴漢から守るために、思いもよらぬ行動に出る。

ラマンチャの男が好きな方はこんなチケットもおすすめ