異なるバンドに属していた5名が集結し2012年に結成されたバンド、la la larks(ラララークス)。ボーカルを務める内村友美が自身の所属バンド、「School Food Punishment」が活動休止となった後にla la larksが結成された。2014年には、J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」とのコラボ企画で脚光を浴びると様々なメディアでも取り上げられ知名度を上げ、人気アニメのエンディングテーマに起用されるなど飛躍した。更には、栗山千明や坂本真綾らに楽曲提供などもおこなっており、幅広く活躍している。そんな彼らの洗練されたサウンドは是非一度聴いてほしい。今後も彼らからは目が離せない。

la la larks(ラララークス)の日程

12人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

la la larksの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

la la larksのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

la la larks(ラララークス)について

la la larksの魅力とは

la la larksは、2012年に結成された5人組バンドグループ。内村友美(School Food Punishment)、江口亮(Stereo Fabrication of Youth,MIM)、三井律郎(THE YOUTH,LOST IN TIME)、クボタケイスケ(Sads) ターキー(GO!GO!7188)と各メンバーが異なるバンドに所属していたのも特徴的だ。
2012年にボーカルの内村友美が所属していたSchool Food Punishmentを活動休止した後に結成された。
2014年には、J-WAVE「TOKYO REAL-EYES」のエンディング曲「28時」をクラウドファンディングで製作。CDにしてリスナーに届ける費用を集めるというものだったが、開始から40日で目標を大幅に上回る金額で見事に達成し、一気に知名度を上げた。
その5人が奏でる洗練されたサウンド、ドラマチックな楽曲はミュージシャン・クリエイターなど多方面からの支持も厚く、今、注目を集めている。

la la larks(ラララークス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ