上野の森交響楽団は東京都中野区を拠点として活動するアマチュアオーケストラである。オーケストラ設立当初は上野の文化会館を練習の拠点としていた為、この名前となっているが現在は拠点を中野に移して活動している。設立以来の和やかな雰囲気はそのままで親しみやすい楽団である。年齢層は幅広く、アマチュアというだけあってバラエティーに富んだメンバー構成となっている。使用する楽器は団員各自で持ち寄る形となっていて7月頃の夏と2月頃の冬の年2回の定期演奏会を開催している。1975年に第1回の定期演奏会を開催、以来上野の森交響楽団は東京の様々なホールにて演奏会を着実にこなしている歴史のあるオーケストラとなっている。

上野の森交響楽団の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

上野の森交響楽団について

上野の森交響楽団とは

東京都中野区を拠点として活動するアマチュアオーケストラ、上野の森交響楽団。
1975年に第1回の演奏会を開始した歴史を持つオーケストラであるが、この設立当初は上野の文化会館を練習の拠点としていた為「上野の森交響楽団」となっている。

設立以来の和やかな雰囲気はそのままで親しみやすい楽団、年齢層は幅広く、アマチュアというだけあってバラエティーに富んだメンバー構成となっている。練習のスケジュールは演奏会前を除くと毎週火曜日と決まっていて、中野を中心に東京23区内の施設が利用されている。使用する楽器は団員各自で持ち寄る形となっていて7月頃の夏と2月頃の冬の年2回の定期演奏会を開催。この演奏会に向けて合宿を行うこともあり、アンサンブルを行ったり、有志により飲み会を開催したりと、演奏だけではなく交流も含めた活動となっている。

第1回の演奏会は目黒で開催。村川千秋指揮の元、ベートーベン交響曲第3番「英雄」などを演奏した。
以降年2回の定期演奏会を着実に開催し、2016年2月の時点で計76回の開催となっている。
団員の募集はパート別に随時行っており、オーディションなしなので空きがあれば応募が可能。これは公式ホームページで確認することが出来る。

上野の森交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ