La'cryma Christi(ラクリマ・クリスティー)は、5人組のビジュアル系ロックバンド。メンバーは、ボーカルのTAKA、ギターのHIRO、ギターのKOJI、ベースのSHUSE、ドラムスのLEVIN。全員男性。バンド名はラテン語で「キリストの涙」を意味する。1997年にシングル「Ivory trees」でメジャーデビュー。翌年にリリースした4枚目のシングル「With-you」がヒットし、メジャーアーティストの仲間入りを果たした。計20枚のシングルと7枚のアルバムを発表し、2007年に解散した。2009年に一夜限りの再結成を果たす。チケットを入手できた当時のファンたちを熱狂させた。

La’cryma Christi (ラクリマ)の日程

8人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ラクリマ・クリスティー Live情報

シャウトの効いたタイトなサウンドは常に新鮮、ラクリマ・クリスティーのライブの魅力を徹底解剖

年を重ねた今も、ヴィジュアル四天王と呼ばれたヴィジュアル系ロック全盛期の姿から、変わらぬライブパフォーマンスを魅せ続けるLa’cryma Christi。所属事務所との泥沼とも言える争いなど、ファンに取ってはやや見苦しい面も見せていたが、復活後のライブではラクリマ・クリスティーのチケットは即完売。主催者側は急遽立ち見席を用意するなど、まだまだ人気が衰えないことを日本中にアピールした。まさにヴィジュアル系とも言える風貌に、シャウトの効いたタイトなサウンドは、古くささどころか新しさすら感じさせる雰囲気となっており、今も多くのファン達を魅了し続けている。再結成は何度目と呆れながらも結局ラクリマ・クリスティーのチケットを購入しライブに足を運んでしまうファン達は、彼らが本来持つ「見えない魅力」を間接的に表現しているのではないだろうか。なんだか裏事情をちらつかせながらも、しっかりしたクオリティの演奏を披露するのはヴィジュアルバンドらしいと言えばヴィジュアルバンドらしいともいえ、これもまた彼らの愛嬌なのだろう。とはいえ、やはり解散しているバンドだけに今後何回ライブが見ることが出来るのかは未知数。チャンスがあれば迷わずライブに足を運ぶのを強くオススメしたい。

La’cryma Christi (ラクリマ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ