ラッコは、2016年4月に無期限活動停止したBlack Gene For the Next Sceneのギタリスト・SANが中心となって結成したビジュアル系バンドだ。メンバーはてんてん(Vo)、SAN(Gt)、milk(Gt)、Ivy(Ba)、higiri(Dr)の5人編成からなる。バンド名は、「可愛い見た目とは裏腹に凶暴な側面を持ち合わせているラッコ」に由来する。10月には1stミニアルバム「怪しい眼鏡屋さん」を発表するとともに、リードトラック「色眼鏡 色彩皆無」のPVを公開し、大反響を呼んでいる。11月から待望のファーストワンマンライブを敢行する。既存のビジュアル系というカテゴリーに囚われない音楽センスを持つラッコのライブを楽しんでほしい。

ラッコの日程

3人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ラッコについて

新世代ビジュアル系バンド、ラッコの魅力とは

2016年10月に1stミニアルバム「怪しい眼鏡屋さん」で鮮烈なデビューを果たしたラッコは、2016年4月に無期限活動停止となったBlack Gene For the Next Sceneのギタリスト・SANが中心となり結成された新世代ビジュアル系バンドだ。ボーカル担当のてんてんは、元ケミカルピクチャーズやMy BACTERIA HEAT IsLANDで活動し、妖艶なビジュアルと歌唱力で多くのファンを持つ。ギタリストのmilkはDOAKで「暁」の名前で活動していた。ベーシストのIvyは、Moranで活動後、オープニングアクト専門のバンドOPAを立ち上げ活動。ドラムのhigiriは、TRUST解散後、Black Gene For the Next Sceneのサポートドラマーを務めていた。

ミニアルバムの発表とともにリードトラック「色眼鏡 色彩皆無」のPV SPOTを公開し、「1000リツイート達成でフルバージョン公開」を掲げると瞬く間に1000リツイートを達成し、話題を呼んだ。11月にはデモンストレーションライブ「着水の為ノ準備運動」を開催し、会場はソールドアウトを記録。11月末から12月には待望のファーストワンマンライブを敢行する。新世代のビジュアル系バンドの胎動がいよいよ始まる。

ラッコが好きな方はこんなチケットもおすすめ