LACCO TOWER(ラッコタワー)は、5人編成のロックバンドである。現在のメンバーは、松川ケイスケ(Vo.)、塩﨑啓示(Ba.)、重田雅俊(Dr.)、真一ジェット(Key.)、細川大介(Gt.)の5名である。2001年に群馬県伊勢崎市出身の塩﨑と重田、兵庫県神戸市出身の松川がそれぞれ上京し、前身バンドを結成し活動を開始する。翌2002年に現バンド名として再スタートし、さらに翌2003年6月に1stミニAlbum「此処」をリリース。以降、叙情性を持った世界観で自身らを「狂想演奏家」と名乗り、ライブでのパワフルで強烈なパフォーマンスを武器に活動しており、2015年6月にメジャーデビューを果たした。

LACCO TOWER(ラッコタワー)の日程

214人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

LACCO TOWERのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/23 06:00更新)

LACCO TOWER(ラッコタワー)について

LACCO TOWER(ラッコタワー)の魅力とは

LACCO TOWER(ラッコタワー)は、自身らを「狂想演奏家」と名乗る5人組ロックバンドである。叙情的なリリックで歌唱する松川ケイスケ(Vo.)を筆頭に、縦横無尽にグルーヴするベース塩﨑啓示(Ba.)、パワフルなドラミングの重田雅俊(Dr.)、空を切り裂く轟音ギターを奏でる細川大介(Gt.)、幻想と狂奏が入り交じるピアノラインを担当する真一ジェット(Key.)の5人で構成されている。2001年に前身バンドを結成し、翌2002年にLACCO TOWER(ラッコタワー)として正式にスタートを切っている。以降、パワフルで強烈なパフォーマンスで評判となったライブを中心に活動を続け、並行してインディーズで楽曲を発表。2007年には全国68ヶ所をツアーで回るなど、精力的なライブ活動を継続した。徐々にメディアへの露出が増える中、2015年6月に1stメジャーアルバムとなる「非幸福論」をリリースし、晴れてメジャーデビューを果たす。2016年には1stシングル「薄紅」をリリースすると、同曲がフジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」のエンディング主題歌に決定するなど、人気を博している。今後の活躍が楽しみなロックバンドである。

LACCO TOWER(ラッコタワー)が好きな方はこんなチケットもおすすめ