La Petite Bandeは、ベルギーを拠点に活動している古楽器オーケストラである。1972年にシギスヴァルト・クイケンとグスタフ・レオンハルトにより結成され、クイケンがコンサートマスターを務めている。特徴は、古楽器の演奏習慣とオリジナルに忠実な演奏技法を用いる点。作曲家が過ごした時代の音楽を再現することが目的に演奏されている。グスタフ・レオンハルトは、2012年1月にアムステルダムで死去している。演奏活動は世界各国であり、日本には1993年の初来日以来、定期的に来日。2017年10月にはオールJ.S.バッハのプログラムによるコンサートが浜離宮朝日ホールで開催される予定となっている。

ラ・プティット・バンドの日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ラ・プティット・バンドの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ラ・プティット・バンドのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 00:00更新)

La Petite Bandeについて

La Petite Bandeの魅力とは

La Petite Bandeは、1972年にシギスヴァルト・クイケンとグスタフ・レオンハルトにより結成された古楽器オーケストラである。ベルギーを拠点に全世界で演奏活動をおこなっていることでも知られ、日本においても1993年の初来日以来、定期的に演奏しており日本のファンを楽しませている。1972年の結成以降古楽器のプロ演奏家たちがこのオーケストラに集い演奏しており、現在オリジナル楽器のオーケストラとしては世界最高峰とまで称されている。

レパートリーに関しては、結成後の活動初期はフランス・イタリア・ドイツ盛期のバロック音楽が中心であったが、近年ではフランツ・ヨーゼフ・ハイドンやモーツァルトなどのウィーン古典派音楽まで幅広く及んでいる。また、グスタフ・レオンハルトは古楽演奏運動のパイオニアにして中心人物であり、チェンバロ奏者やオルガン奏者として名を馳せていたが、2012年1月にアムステルダムで息を引き取っている。シギスヴァルト・クイケンは、ベルギーの古楽器演奏家として知られ、とりわけバロック・ヴァイオリンやヴィオラが得意だ。そのほか指揮者としても活躍している。なお、クイケンは近年、ロマン派音楽や印象主義音楽にも視野を広げ、レパートリーにも取り組んでいる。

ラ・プティット・バンドが好きな方はこんなチケットもおすすめ