京都市交響楽団は、1956年に創立されたプロのオーケストラである。通称「京響」、2016年には創立60年を迎えた。京響は現在に至るまで「スプリング・コンサート」や子どものためのプログラム「オーケストラ・ディスカバリー」などを企画しており、様々な形で音楽の素晴らしさを発信し続けている。その質の高い演奏や芸術文化普及への貢献が讃えられ、2007年に「第25回京都府文化賞特別功労賞」「京都創造者大賞 京都創造者賞」を受賞、さらに2015年には「第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞」「第46回サントリー音楽賞」に輝いている。京都市交響楽団は文化芸術の都市「京都」を代表するオーケストラとして、今後も国内外に向けて美しい音楽を届けてくれることだろう。

京都市交響楽団の日程

162人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

京都市交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

京都市交響楽団について

京都市交響楽団の魅力とは

京都市交響楽団(通称:京響)は、京都市に本拠地を置くプロ・オーケストラ楽団である。京響は1956年に日本で唯一となる自治体直営オーケストラとして創立された。それ以降、初代常任指揮者カール・チェリウスをはじめとして、ハンス・ヨアヒム・カウフマン、森 正、外山雄三、渡邉暁雄、山田一雄、フルヴィオ・ヴェルニッツイ、小林研一郎、井上道義、ウーヴェ・ムント、大友直人などの名指揮者たちが常任指揮者として就任している。

また京響は「スプリング・コンサート」やエデュケーショナルプログラム「オーケストラ・ディスカバリー」などの新たな企画を次々と生み出し活躍している。海外でも公演を行なっており、2015年にはチェコ、ケルン、アムステルダム、フィレンツェの4都市で行ったヨーロッパ公演を大成功に収めた。一方で音楽鑑賞教室や訪問演奏などの活動にも力を入れている京響は、「第25回京都府文化賞特別功労賞」や「京都創造者大賞2007」などを受賞している。さらに2015年には「第27回ミュージック・ペンクラブ音楽賞」「第46回サントリー音楽賞」に輝いており、多方向から高く評価されているオーケストラであることがわかるだろう。

京都市交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ