「京都三大祭 葵祭」は、賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)で、5月に行われる例祭である。京都三大祭の祇園祭は庶民の祭りであるが、葵祭は天皇の使者である勅使が派遣されて執行される神社の祭祀・勅祭であり、石清水八幡宮の石清水祭、春日大社の春日祭と合わせて三勅祭と呼ばれる。葵祭は賀茂氏と朝廷との行事であったため、貴族が見物に訪れる貴族の祭りとして知られており、平安中期の貴族においては、単に祭りと言えば葵祭を指すほどの有名ぶりであった。葵祭の祭儀は3つに分かれており宮中の儀、路頭の儀、社頭の儀からなるが、現在は宮中の儀は行われていない。

京都三大祭 葵祭の日程

22人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

京都三大祭 葵祭の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

京都三大祭 葵祭のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/28 00:00更新)

京都三大祭 葵祭について

京都三大祭 葵祭の魅力とは

京都三大祭 葵祭は、約1400年前に起源を持つ、王朝風俗の伝統が残さた例祭の一つである。京都市内で行われる「京都三大祭(5月の葵祭、7月の祇園祭、10月の時代祭)」の中でも最も古く、平安時代以来、最も重要な恒例祭祀(中祀)に準じて執り行われる国家的行事である。葵祭は、賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭で、5月15日に行われる。また、天皇の使者である勅使が派遣されて執行される神社の祭祀・勅祭でもあり、石清水八幡宮の石清水祭、春日大社の春日祭と合わせて三勅祭にも分類される。

もともと葵祭は、賀茂氏と朝廷との行事であり、見物に訪れるのは貴族が中心であった。貴族の祭りとされていたこともあ理、平安中期の貴族においては、単に祭りと言えば葵祭を指すほどであった。葵祭の祭儀は宮中の儀、路頭の儀、社頭の儀の3つからなり、現在行われているのは路頭の儀、社頭の儀だけである。特に路頭の儀では、総勢500名が平安貴族の格好をして列を作り、京都御所から下鴨神社を経由して上賀茂神社を目指し、およそ8kmにわたって行列する。また、前儀である流鏑馬神事が有名であり、疾走する馬上から矢を射る行事は今も昔も人気がある。

京都三大祭 葵祭が好きな方はこんなチケットもおすすめ