監督・脚本はウディ・アレン、主演をホアキン・フェニックスとエマ・ストーンが務める映画「教授のおかしな妄想殺人」。2015年にアメリカで公開され、同年のカンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門にも正式出品されている。変人と評判の哲学科教授エイブは、アメリカ東部の大学に赴任することになるが今では学問にも恋愛にも身が入らず、慢性的に孤独な無気力人間になっていた。そんな中、エイブは完全犯罪に挑戦するという奇妙な生きる意味を発見してしまう。それからのエイブは、身も心も絶好調となり暗い日常が色めきだしてきた。教え子でエイブに恋心を燃やすジルとの出会いや、完全犯罪をひらめいたエイブ自身がどのようになっていくのかなど見所が多い。日本でもいよいよ公開となる「教授のおかしな妄想殺人」。是非、映画館で衝撃の結末を確かめて欲しい。

教授のおかしな妄想殺人の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

映画 教授のおかしな妄想殺人について

教授のおかしな妄想殺人の魅力とは

「教授のおかしな妄想殺人」は2015年にアメリカで公開されたコメディ映画である。監督・脚本はウディ・アレンが務めている。
ホアキン・フェニックス演じる主人公エイブは並外れた変人と評判の哲学科教授。そのエイブがアメリカ東部の大学に赴任するところから物語りが始まる。

エイブは、若い頃は政治活動やボランティアに熱中し、世界中を飛び回ったいだが、今では学問にも恋愛にも身が入らず、慢性的に孤独な無気力人間になっていた。
そんなエイブが誰にも疑われることなく、自らの手で判事を殺害するという完全犯罪に挑戦することにひらめいてしまう。
完全犯罪という奇妙な生きる意味を発見したエイブは不思議なことに身も心も絶好調となり暗い日常が色めきだしてきたのだ。
そんなことも知らずに彼の教え子・ジル(エマ・ストーン)は、どんどんエイブに恋心を燃え上がらせてしまう。

エイブは完全犯罪に手を染めてしまうのか、そしてジルとの関係はどうなっていくのか。
2015年カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門にも正式出品された「教授のおかしな妄想殺人」。
いよいよ日本でも公開となり、その衝撃の結末は見逃せない。

教授のおかしな妄想殺人が好きな方はこんなチケットもおすすめ