喜矢武 豊(キャン ユタカ)は、ビジュアル系エアーバンドゴールデンボンバーのギター担当。愛称は「キャン様」「ハゲ様」など。ライブやテレビ出演時には、楽曲のギターソロ中に「ギターソロ」と称して、後述のような様々なパフォーマンスを行っている。体を張った過激なパフォーマンスを披露することが多く、バンド内で最も芸人気質の強いキャラクターである。ギターソロのパフォーマンスのために溶接の免許を取得したり、自らの毛髪に墨汁を付けて書初めの筆に扮したり、熱湯風呂に入浴、スイカやかき氷の早食いなどを行ったりする。普通のバンドではありえないパフォーマンスを届けてくれる喜矢武 豊(キャン ユタカ)に注目だ。

喜矢武豊の日程

508人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

リンクステーションホール青森他20会場

旭川市民文化会館

福岡国際センター他1会場

未分類

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

喜矢武豊の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

喜矢武豊のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 00:00更新)

喜矢武 豊とは

喜矢武 豊について

ファンから「キャン様」「ハゲ様」などの相性で親しまれている喜矢武 豊(きゃんゆたか)は、ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のギター担当だ。

ギター担当だけでなく、彼らが手がける演劇や特典動画内のキャラクターで、「ガチュピン」「実輪さん」「クリスティーネ・ゆた子」「モーゼス・ケバブ」なども担当している。動画「ガチュピンチャレンジ」シリーズではガチュピンとムックーの吹き替えを一人二役で担当している。また、2012年の映画「死ガ二人ヲワカツマデ…」の二部構成の一部「色ノナイ青」で俳優デビューし、初主演を務めるなど俳優としても活躍。新たなる才能を開花させた。そして2016年には手塚治虫の漫画「ぼくの孫悟空」を原作とした舞台「GOKÛ」で主演の孫悟空を演じ、さらには殺陣までもを完璧にこなすなど、ギタリストだけではない、幅広いメディアで大活躍の喜矢武 豊。

そんな彼の最新作となる舞台、「犬夜叉」の公演が2017年4月からスタートする。主演である「犬夜叉」役を務めるというだけあって、熱い視線が注がれている。バンドの中での様々な活動をバネに、大きく羽ばたいていく彼の今後の活躍に期待していきたいところだ。

喜矢武豊が好きな方はこんなチケットもおすすめ