桑名水郷花火大会は、1934年(昭和9年)から三重県桑名市で開催されている伝統ある花火大会。毎年7月の最終土曜日に開催される。伊勢大橋の完成を記念して始まり、戦時中は中断したが現在まで継続されている。揖斐川中州から次々に打ち上げられる、東海地区最大級といわれる二尺玉の大迫力は圧巻だ!ほかにも1尺玉や1.5尺玉、スターマイン、水中スターマイン、仕掛け、ナイアガラなど、およそ約1万発が夜空を染める。これだけの尺玉が連発される花火大会は全国的にも珍しいとあって、毎年約18万人以上が観覧する大人気の花火大会だ。昨年まで設けられていなかったが、今年から個人向け有料観覧席が新設される。じっくりと花火を鑑賞するならチケットをゲットしておきたい。

桑名水郷花火大会の日程

8人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

桑名水郷花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

桑名水郷花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/2 18:00更新)

桑名水郷花火大会について

東海地区最大級!2尺玉花火が夜空を彩る桑名水郷花火大会とは

桑名水郷花火大会は、三重県桑名市で1934年(昭和9年)から開催されている伝統的な花火大会だ。毎年7月の最終土曜日に開催され、約18万人以上が来場する。来場者の規模としては伊勢神宮奉納全国花火大会に次ぐ大きさととなっている。川の幅や長さを利用した“水郷のまち・くわな”の特徴が生かされた構成で、市内で長良川と合流する揖斐川中州から次々に打ち上げられる大輪の数々…10号玉や15号玉、スターマイン、水中スターマイン、仕掛け、ナイアガラ、大迫力の二尺玉(20号)の19発は東海地区最大級だ!
1時間半の間に、およそ約1万発が夜空を染める。これだけの尺玉が連発される花火大会は全国的にも珍しい。
有料観覧席は昨年まで設けられていなかったが、今年から個人向けに新設される。大会前から販売される椅子席・4人マス席・2人マス席、当日限定販売のシート席の購入が可能。

大会会場の揖斐川周辺には、テーマパーク「なばなの里」やアミューズメントパーク「ナガシマスパーランド」、温泉やホテルなどが建ち並び見どころが多数ある。
カップルやグループ、そしてファミリーやで、桑名の夏の風物詩とともに楽しもう!

桑名水郷花火大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ